新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/11/13)

独創のシンメトリカルAWDを核に
SUVとしての本質的な価値の実現を目指した4代目

スバル フォレスター|ニューモデル速報
↑独創的なシンメトリカルAWDを採用し、あらゆる路面状況で快適な走行性能を実現
コンセプト
ストレスなく自由な移動を可能にする走りの楽しさ
道具としての使う愉しさを両立させたSUV
路面状況に左右されない走行性能や取り回しやすい実用性で、世界中から高い評価を得ているミドルサイズSUV スバル フォレスターが、4台目へとフルモデルチェンジを果たした。

新型では「SUVとしての本質的な価値の実現」を目指して開発が進められた。その上で、SUVとして様々なシーンで使えること、長距離や厳しい走行環境下でストレスなく移動できることを追求することで、自由な移動と活動を提供。アクティブなライフスタイルを積極的にサポートする新しいSUVに仕立てられている。

独創的なシンメトリカルAWDを核として、走行性能、安全性能、環境性能といった車の基本性能が進化した。新世代ボクサーNAユニットと新リニアトロニック型CVTによるドライバビリティと燃費性能の向上。直噴ターボエンジン“DIT”によるスムーズでハイパフォーマンスな走りと優れた環境性能の両立。車体剛性の強化による安定性や乗り心地などの走行性能の向上などがなされた。
内外装
力強さと機能性との両立が図られた外観
空間の広がりと力感、上質感との両立が図られた室内
エクステリアは、スポーティさ、たくましさ、安心感・信頼などを表現したというフロントフェイスが特徴。ターボエンジン採用の2.0XTには、スポーツテイストを強化した専用デザインが与えられている。また、フロント周りやドアパネル、リアゲートに厚みをもたせたデザインによって、力強さと高い走破性を表現。さらに、Aピラー下端部を200mm前方へ出したことで伸びやかなシルエットになり、開放感のある視界も与えられた。

インテリアは、横への広がりをもたらす水平基調のインストルメントパネルにより開放感のあるデザインとなった。また、人が手を触れる箇所には感触の良いソフト素材を採用することで、室内の質感が高められている。運転席には、省燃費走行をサポートし、車両の走行状況などもひと目で確認できるマルチファンクションディスプレイが備えられた。

ユーティリティも優れている。乗員全員が快適に過ごせるように、室内サイズや各ピラーの配置、後席のフロア形状、前後席の着座位置などが見直されている。その結果、ゆとりある室内空間と開放感あふれる視界が与えられた。ラゲージルームは容量や開口部の拡大、段差の少ないフラットなフロアなどにより、高い積載性とスムーズな積み下ろしを実現。乗降性も考慮され、サイドシルの位置も低められている。また、足が触れても泥はねなどの汚れがつきにくい構造のクリーンサイドシルが新設計された。
バリエーション
エンジンは、2L新世代ボクサーのNAとターボ
悪路走破性を高めるAWD制御システムも採用
エンジンは、新世代2LボクサーでNAとターボの2種類が用意される。NAはレスポンスの良さと優れた燃費性能を実現。ターボは直噴技術とツインスクロールターボの採用により、高い動力性能と燃費性能を両立した。組み合わされるトランスミッションは、それぞれの特性に合わせた2種類のリニアトロニックが中心。NAエンジン車の一部グレードには6速MTも用意される。

走行状況によってモードを使いわけるSI-DRIVEも、NA車/ターボ車とエンジンにあわせて用意される。さらに、エンジンやミッション、車両制御装置のVDCなどを統合制御し悪路走破性を高めるAWD制御システム「X-MODE」により、ドライバーのスキルを問わない安定した運転が可能。また、このシステムは、急な下り坂でも同じ車速を維持できるヒルディセントコントロール制御も設定されている。

価格は、ベーシックモデルである「2.0i」(6MT/CVT)の208万9500円から、独自の安全技術である「EyeSight」などが搭載されたターボエンジンの最上級グレード「2.0XT EyeSight」の293万6850円まで。
POINT
1力強さや踏ん張り感を
巧みに表現したエクステリア
スバル フォレスター リアスタイル|ニューモデル速報
2開放感や視界の良さを強調
運転しやすい運転席を実現
スバル フォレスター インパネ|ニューモデル速報
3全面的に手が入れられた室内
ゆとりある空間が確保された
スバル フォレスター シート|ニューモデル速報
4高出力、高燃費の両立を目指した
直噴ツインスクロールターボ
スバル フォレスター DITターボ|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード2.0i2.0i-L EyeSight2.0XT EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4595×1795×1695
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)147014801590
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)19951998
最高出力[kW(ps)rpm]109(148)/6200206(280)/5700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4200350(35.7)/2000-5600
JC08モード燃費(km/L)14.415.213.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60プレミアム/60
車両本体価格(万円)208.95250.95293.685
■発表日:平成24年11月13日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027