新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アテンザ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ アテンザ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/11/20)

独自の環境技術スカイアクティブ技術と
新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したフラッグシップ

マツダ アテンザ|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のソウルレッドプレミアムメタリックを含む全7色
コンセプト
意のままに操れるスポーティな走りと
優れた環境・燃費・安全性能を実現
マツダの最上級車種であるアテンザが約4年ぶりに3代目へとフルモデルチェンジを果たした。新型では、同社独自の新世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を全面的に採用。力強く気持ちのよい走り、快適で上質な乗り心地を実現している。また、高効率かつパワフルな新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」に、国内初導入となる「SKYACTIV-MT(6速)」を組み合わせたモデルが設定されたこともトピックだ。

エンジンは、先述のディーゼルに加えて、2Lと2.5Lのスカイアクティブガソリンエンジンも用意される。また、独自のアイドリングストップ機構である「i-stop」や、減速エネルギー回生システムの「i-ELOOP」を全車に搭載するなど、高い環境性能と燃費性能を実現。さらに、ミリ波レーダーやカメラなどにより障害物を検知し安全運転をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」も採用され、高い安全性能も備えている。

燃費性能は、ディーゼル+6速MTの22.4km/L(セダン)を筆頭に、同エンジン+SKYACTIV-DRIVE(6速AT)が20km/L。ガソリンは、2.5L車が15.6km/L、2L車は17.4km/L(いずれもJC08モード燃費)という優れた数値を達成している。
内外装
デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用した外観
上質でスポーティ、かつ快適性を融合した室内
エクステリアはマツダのデザインテーマ「魂動(こどう)」を採用。2011年の東京モーターショーでお披露目されたコンセプト「雄(たけり)」を具現化したモデルとなる。フロントグリルから始まるノーズ(車両フロント部分)の立体的な造形や、ボディサイドのライン、強く張り出したリアフェンダー、Aピラーを後方配置したコンパクトなキャビンなど、ロー&ワイドなスタイルで、凛とした存在感と生命感のあるダイナミックな美しさを表現している。

インテリアでは、素材や触感、操作機器の形状を見直し、上質でスポーティな雰囲気ながら機能性や快適性も追求している。また、オフセットのないペダル配置や、操作機器の適切なレイアウト、広い視界、疲れにくく快適なシートなど、人間工学に基づいた理想的な運転環境を実現。さらにステアリングをはじめとする乗員が触れる部分、目にする部分の素材や造形は、マツダのクラフトマンによる匠の技で、触感や質感に徹底的にこだわった造り込みが施されたという。
バリエーション
セダンとワゴンの2ボディを用意
いずれもガソリンとディーゼルを設定
ボディバリエーションは4ドアセダンとステーションワゴンの2種類。パワートレインに関しては前述のとおりで、どちらのボディを選んでもすべてのパワートレインを選択できる。駆動方式は全モデルFFとなる。

価格はセダン、ワゴンともグレードによる価格に差はなく、エントリーグレードで2Lガソリンエンジン+CVTの「20S」の250万円から、本革による運転席10wayパワーシートなどが備わる2.2Lディーゼルエンジン搭載の最上級グレード「XD Lパッケージ」の340万円までとなっている。
POINT
1デザインテーマ「魂動」を採用
生命感のある動きを表現
マツダ アテンザ リアスタイル|ニューモデル速報
2ドライバー中心の運転席
人間工学に基づいたデザイン
マツダ アテンザ インパネ|ニューモデル速報
3見える部分、触れる部分の
質感、触感にこだわった
マツダ アテンザ シート|ニューモデル速報
4ワゴンのリアビューは
4ドアセダンとは違った魅力
マツダ アテンザワゴン リアスタイル|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレード20S(セダン)XD(セダン)25S Lパッケージ(ワゴン)XD Lパッケージ(ワゴン)
駆動方式FF
トランスミッション6AT6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)4860×1840×14504800×1840×1480
ホイールベース(mm)28302750
車両重量(kg)1430149014701530
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1997218824882188
最高出力[kW(ps)rpm]114(155)/6000129(175)/4500138(188)/5700129(175)/4500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4000420(42.8)/2000250(25.5)/3250420(42.8)/2000
JC08モード燃費(km/L)17.422.415.620.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/62軽油/62レギュラー/62軽油/62
車両本体価格(万円)250.0302.6300.0340.0
■発表日:平成24年11月20日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027