新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧クライスラー 300【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

クライスラー 300【フルモデルチェンジ】 / navi

(2012/11/26)

新生クライスラーのフラッグシップモデル

  • クライスラー 300|ニューモデル速報
  • クライスラー 300 インテリア|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のグロスブラックを含む全5色
クライスラーブランドとして日本市場に4年半ぶりに投入されたフラッグシップモデルが300だ。先代モデルよりも洗練されたインテリアと、高い安全性能が与えられたフルサイズセダンに仕立てられている。

エクステリアは、ダイナミックでエレガントなクライスラーセダンの伝統を継承しながらも、より精悍なスタイルに一新された。水平ブレードを強調した彫りの深いグリルやモール、斬新なC字形LEDクリアランスランプの仕上げ、精密なパネル合わせなどによって、力強さに加えて上質さも表現したという。

インテリアは、機能性や快適性、クオリティが追求された。ゆったりしたサイズのパワーシートとドアアームレストには高品質のナッパレザーを使用。さらに、インストルメントパネルやセンターコンソールなどにはイタリアのポルトローナ・フラウ社によるフォリーニョレザーを採用。トリム(車内の内張り)やレザーなど細部にもクラフトマンシップが注ぎ込まれ、上質な空間が演出されている。

モダンで見やすいサファイアブルーのLED照明を持つ大型の円形メーターやオーディオコントロールスイッチ、上級モデルのラグジュアリーにはマニュアルシフト用のパドルも備わるステアリングホイールなど、装備も充実。また、クライスラー独自のユーザーインターフェイスである「Uコネクト」の採用もトピックだ。8.4インチの大型タッチスクリーン式モニターで、ナビゲーションや各種メディアに対応するオーディオシステム、電話などを統合的にコントロールするシステムになる。

室内の静粛性も考慮された。フロントウィンドウとサイドウィンドウに二層構造のアコースティックガラスを採用。また、アンダーボディやホイールハウスなどボディの要所にも吸音材を配することで、効果的にノイズを遮断している。

エンジンは、最高出力286ps/最大トルク340N・mを発生する可変バルブタイミング機構付き3.6LのV6DOHC。組み合わされるミッションは8速ATとなる。シフトセレクターには、応答性に優れるバイワイヤー式の「Eシフト」が採用された。

レーダーや超音波センサー、カメラなどを利用した最先端の安全装備も採用されている。ほかにも進行方向と速度に応じて照射角度を変え、ハイビーム/ロービームも自動的に切り替えるアダプティブバイキセノンヘッドライト、自動的に車間距離を制御し衝突の危険性も警告するアダプティブクルーズコントロール、斜め後ろの死角を走行する他車の存在を知らせるブラインドスポットモニターなど65項目を超える安全デバイスが装備されている。

モデルバリエーションは、装備の違いによる2グレードを用意。価格は、エントリーグレードにあたる「リミテッド」が398万円。上級グレード「ラグジュアリー」は538万円。販売は2012年12月15日からとなる。
グレードリミテッドC ラグジュアリー
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)5070×1905×1495
ホイールベース(mm)3050
車両重量(kg)18801900
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3604
最高出力[kW(ps)rpm]210(286)/6350
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]340(34.7)/4650
JC08モード燃費(km/L)9.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/72
車両本体価格(万円)398.0538.0
■発表日:平成24年11月15日 ■取り扱い:クライスラー販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027