新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ハイブリッド戦略【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ ハイブリッド戦略【スクープ!】 / navi

(2012/12/06)

調査報告書 2012年12月
File No.156

トヨタ、2015年末までにハイブリッド21車を投入

※2012年12月6日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ スモールSUV予想イラスト|ニューモデル速報
トヨタ ノアハイブリッドセダン予想イラスト|ニューモデル速報トヨタ 86派生4ドアハイブリッド予想イラスト|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

予想発表時期2015年7月(スモールSUV)
●全長x全幅x全高:4290×1785×1560(mm)
●搭載エンジン:1.8L直4+モーター
トヨタ、怒涛のハイブリッド攻勢

今年、世界でのハイブリッドカーの販売台数が100万台を突破しそうなトヨタ。今後、ますますハイブリッド攻勢をかけるようだ。3年後の2015年末までに21車種もの新しいハイブリッドモデルを発表するという。

写真左は、世界的に市場が拡大している分野であるCセグメントのハッチバックとSUVのクロスオーバーに投入するモデル。大型化してエントリー層の取り込みが難しくなったRAV4の下をカバーする戦略モデルで、登場は2015年7月の予定。

写真右上は、File No.040や136でも紹介したノア/ヴォクシー。登場は2013年10月の見込みで、トヨタ店、トヨペット店向けの新しい兄弟車も投入されるという。写真右下は、86のコンポーネンツを使った4ドアスポーツ。前輪にはインホイールモーターが組み込まれる4WD車になる。登場は2015年以降になるかも知れない。

その他のモデルを矢継ぎ早に紹介していくと、近いところでは、File No.152で紹介したクラウン、154で紹介したカローラ。2013年4月にIS、同年12月にハリアーを。2014年は北米専用のレクサスNEL、同年末はRAV4プリウスのFMCが登場。北米向けのミドル級SUVであるハイランダーや、ヘビー級のセコイアにもハイブリッドが用意されるというウワサもささやかれている。

2015年はアルファードヴェルファイアからスタート。3月には2011年の東京モーターショーでコンセプトが披露された2気筒ハイブリッドの市販版が登場する。8月はレクサス版ヴィッツといえるレクサスASと、マークXアベンシスSAIの統廃合モデルであるNS4がデビュー予定。さらにその兄弟車にあたるプリウススポーツや、SCの後継車、ラクティス、海外専売のヴァーソなどが続々登場する予定だ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
見た目と走りはスポーティな味付けだが静粛性が高く同乗者も快適なステップワゴン“Modulo X”(2019/02/18)
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
大幅改良された新型デリカD:5に試乗。マイナーチェンジの域を超えた進化に驚いた!(2019/02/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027