新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラ【スクープ!】 / navi

(2012/12/20)

調査報告書 2012年12月
File No.158

マツダ アクセラ

※2012年12月20日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

マツダ アクセラ予想イラスト|ニューモデル速報
マツダ アテンザ|ニューモデル速報マツダ アクセラ|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

フルスカイアクティブ第3弾として登場

トヨタやホンダのハイブリッド攻勢に危機感をもったマツダが、限られた経営資源をエンジンやトランスミッションの効率向上に注ぎ込み、その成果を「スカイアクティブ」として発表したことはご存じだろう。

スカイアクティブ技術を投入したクリーンディーゼル搭載のCX-5は、国内で高い人気を獲得。続くフルスカイアクティブ搭載モデルのアテンザ(写真右上)が2012年11月に正式発表されたことも記憶に新しい。

次に登場するモデルは、より量販が見込めるデミオアクセラ(写真右下)。アクセラは2011年秋の一部改良でエンジン(ガソリン2L直噴)とATがスカイアクティブに切り替わったが、次期モデルでは前述の2モデル同様、シャーシやボディも含めフルスカイアクティブへと進化する。

パワートレインは、アテンザの販売動向次第で、同車に用いられる2.2Lディーゼルターボが採用される可能性もある。ガソリンエンジンでは、国内仕様のアクセラで販売量の多い1.5Lユニットも、スカイアクティブGになる公算が大きい。これでスカイアクティブガソリンユニットは、1.3L、1.5L、2L、2.5Lが揃うことになる。

エクステリアは、アテンザと同様にマツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」に沿ったものが採用される。曲面が多用される流れるようなデザインや、切り立った5角形グリルと切れ長のヘッドランプが印象的なフロントマスクなど、アテンザ譲りの遠くからでもひと目でマツダ車とわかる意匠が与えられるに違いない。登場は2013年冬、遅くても14年前半になる見通しだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027