新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ 86コンバーチブル【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ 86コンバーチブル【スクープ!】 / navi

(2013/01/17)

調査報告書 2013年1月
File No.161

トヨタ 86コンバーチブル

※2013年1月17日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

トヨタ 86コンバーチブル|ニューモデル速報
トヨタ 86|ニューモデル速報トヨタ 86コンバーチブル 予想CG|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

ついに捉えた86コンバーチブル

2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤーで、実行委員会特別賞を獲得したトヨタ 86(写真右上)および、スバル BRZ。File No.115でもお伝えしたコンバーチブルの実車(写真左)をついに捉えた。

まず、注目すべきポイントとしては、ルーフ。86本来の「走って楽しい」というコンセプトが損なわれないように、軽量な幌屋根が採用される。余分な機構を省くために、幌の開閉は手動式となる可能性が高い。

ソフトトップ化に伴う剛性ダウンを補うため、ボディは強化されるに違いない。フロアまわりへのブレース(補強材)の追加や、万一の転覆の際に乗員を保護するロールオーバーバーも織り込まれることだろう。また、構造上カーテンエアバッグが装着できないため、頭部までカバーする大型のサイドエアバッグが採用されるかもしれない。

パワートレインは基本的にクーペに準ずる。最高出力200ps/最大トルク205N・mを発生するFA20型2Lボクサー4のNAエンジンに6速MTもしくは6速ATが組み合わされる。足回りもクーペから流用されるが、車重アップに合わせてチューニングし直される可能性も。前述のとおり、補強や安全装備の追加を考えると、100kg程の車重増加は避けられないだろう。

86コンバーチブルは、開発当初、2014年半ばのマイナーチェンジ時に追加投入される計画だった。だが、想像以上に早く実車が現れたことから、もしかしたらマイナーチェンジを待たず、1年後の2013年冬にも発表されるかもしれない。オープンカーの人気が高い北米・LAモーターショーでアンベールか。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
見た目と走りはスポーティな味付けだが静粛性が高く同乗者も快適なステップワゴン“Modulo X”(2019/02/18)
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
大幅改良された新型デリカD:5に試乗。マイナーチェンジの域を超えた進化に驚いた!(2019/02/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027