新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク 【海外試乗】 / navi

(2013/01/22)

西川 淳の見解

95

デザイン、機能、性能、ブランド性、コスパ。すべてにおいて、オトナの要求に応えてくれる。CLS63AMGなら、大人のワガママ度は満点、じゃないか。頭のてっぺんからつま先、胃袋、リビング、オフィスまで、全てに妥協せず、居心地のいいスタイルを目指す方へ。

メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク|ニューモデル試乗

“エロチック・メルセデスのお通りだ! ”

初代CLSのエレガントさにマッチョさを加えたテイストに

CLSサルーンより、かなり、エロい。

使い勝手も、乗り心地も、サルーンより良くなってなお、エロい。初代CLSクラスが登場したときとは少し違うと思う。アレは、今から思うと、女性に似合うエレガントなベンツ、だった。対して、2代目のCLSクラスは、マッチョになった。ちょっと男くさくなってしまった。できれば初代の、あのエレガントさにマッチョさを加えたようなテイストに仕上げてほしかった、と車好きなら思ったはずだ。

その答えが、シューティングブレークである。

だいたいからして、名前がもうエロいやないか。

その名も“狩猟用ワゴン”だなんて、イマドキ誰が必要としている? ひょっとして、狩るのはキジやシシじゃなく、見目麗しきご婦人方々だったか? と、妙に納得してみたり…。馬具の伝統を引き継ぐエルメス、みたく、そこに表現されているのは、現代的に耽美な貴族性にほかならない。

しっとり穏やか、オトナの走り

中身は基本、サルーンと同じ。エンジンも、350、550、そして63AMGの3種類。ただし、550の日本仕様は4マチック。狩りはもちろん(笑)、降雪地帯の、さらには一夜の雪でマヒする都会のビジネスライナーとしても、うってつけ。後ろ足にはEクラスワゴンのエアサスをもってきた。積載性を考えたわけだ。加えて重量が増えている。アシ回りのセッティングが違っていて、それが乗り味にもちゃんと出ていた。

ひとことで言うと、しっとり穏やか、オトナの走り。63AMGに乗っても、ヤンチャな演出がほどよく抑えられている。

100%、デザイナーからの提案で生まれたモデルである。ショルダーラインから下は、サルーンと全く同じ。最小限のコストでエロチックベンツが出来上がるという提案に、首脳陣は思わず生唾を飲み込んだとか、飲み込まなかったとか…。

レーダーとカメラで衝突危険性を検知。警告やブレーキ介入を行うレーダーセーフティパッケージを標準化

レーダーとカメラで衝突危険性を検知。警告やブレーキ介入を行うレーダーセーフティパッケージを標準化

高級素材を手作業で組み立てたウッドフロアもオプションで用意。ラゲージ容量は550~1550L

高級素材を手作業で組み立てたウッドフロアもオプションで用意。ラゲージ容量は550~1550L

ハイパフォーマンスモデル、63AMGもラインナップ。524psの5.5L直噴ツインターボを搭載する

ハイパフォーマンスモデル、63AMGもラインナップ。524psの5.5L直噴ツインターボを搭載する

SPECIFICATIONS
グレード CLS550 4MATIC BlueEFFICENCY Shooting Brake
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4970×1880×1420
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)2030
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4663
最高出力[ps/pm]408/5000-5750
最大トルク[N・m/rpm]600/1600-4750
JC08モード燃費(km/L)9.4
車両本体価格(万円)1240
Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027