新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Aクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/01/25)

スポーツコンパクトとして生まれ変わった
アグレッシブなエントリーモデル

メルセデス・ベンツ Aクラス|ニューモデル速報
↑ボディカラーは写真のサウスシーブルーを含む全9色
コンセプト
全高を160mm下げてコンセプトを刷新
新世代スポーツコンパクトとして進化
メルセデス・ベンツのエントリーモデルであるAクラスが7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。3代目となる新型では、従来モデルの特徴であった2重フロア構造の「サンドイッチコンセプト」を捨てて、全長を405mm伸ばし、全高は160mm下げることで、ワイド&ローのアグレッシブなプロポーションに一新されている。

一気にスポーティなイメージへと変貌したAクラスだが、メルセデス・ベンツならではの「セーフティ&コンフォート」に関する装備は継承している。Bクラスにコンパクトクラスとして世界初導入されたレーダー型衝突警告システム「CPA」を全モデルに標準装備。また、車間距離を維持するとともに先行車が停止した場合は減速して停止する追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」や、ドアミラーの死角をレーダーによってモニターして危険を警告する「ブラインドスポットアシスト」を含む、先進の安全運転支援システム「セーフティパッケージ」が全モデルにオプション設定された。

利便性の高い装備も用意。駐車時のストレスを軽減するパーキングアシストリアビューカメラを全モデルに標準装備するとともに、縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行う「アクティブパーキングアシスト」も採用されている。
内外装
野生動物を彷彿とさせるエクステリア
スポーティさと上質さを兼ね備える室内
エクステリアは、メルセデス・ベンツのフラッグシップスポーツであるSLS AMGを手がけたデザイナーによるもの。フロントマスクは「ライオンやチーターのような、どう猛でなまめかしい野生動物を思い起こさせるデザイン」を目指したという。サイドビューは、ヘッドライト後端からリアエンドへ向かうラインと、フロントホイール後端からリアホイール上部に向かうダイナミックな2本のラインが特徴的。彫刻的でボリューム感あふれるバンパーによるリアビューもワイド&ローのフォルムを際立たせている。空力性能も配慮されており、コンパクトクラスではトップレベルのCd値0.27を実現した。

インテリアは、新世代スポーツコンパクトのベンチマークとなるべく、洗練された空間にスポーティな要素が散りばめられている。シートは、全席にサイドの張り出しを強めたヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。SLS AMGの流れをくむジェット機のエンジンをモチーフにした丸型の空気排出口や、大きく立体的なトリムをあしらったダッシュボードなど、上級モデル用の装備を採用。ユーティリティ性能も高く、後席は2:1の分割可倒式とすることで、ラゲージ容量は341L~1157Lを実現。用途に合わせた多彩なシートアレンジも可能だ。
バリエーション
エンジンは新開発の1.6Lと2Lの直噴ターボ
2LはAMGによるハイパフォーマンスモデル
エンジンは最高出力122ps/最大トルク200N・mを発生する1.6Lと、同210ps/350N・mを発生する2Lの2種類。いずれも新開発の直噴ターボユニットだ。前車は新開発のツインクラッチ式7速ミッション7G-DCTや、アイドリングストップ機構であるECOスタートストップ機能と組み合わされ、JC08モード15.9km/Lと従来モデルと比べ約34%燃費が向上した。

2L車は開発の初期段階からAMGのエンジニアが携わったハイパフォーマンスモデル。これはメルセデス・ベンツとして初の試みだという。六角形のモチーフを放射状に散りばめた「ダイアモンドグリル」や、18インチのAMG製アルミホイール、レッドアクセントが施されるステアリングホイール、シートベルトなど、独自の内外装が与えられた。

AMGは、他にも電動パワーステアリング、トランスミッション、ESP(横滑り防止装置)などシャーシまわりにも手を入れている。フロントアクスル(前輪の軸)とサスペンションもAMGが独自に開発したものだ。ロールが少なくアンダーステアを低減し、高速コーナリング時も優れたドライバビリティを発揮するという。

価格は、1.6Lエンジンを搭載するベーシックモデル「A180 BlueEFFICIENCY(ブルーエフィシェンシー)」の284万円から、最上級グレードとなる2Lの「A250 SPORT(シュポルト)」の420万円までとなっている。
POINT
1全高を160mm落とすことで
ワイド&ローなフォルムを実現
メルセデス・ベンツ Aクラス リアスタイル|ニューモデル速報
2上級モデルのモチーフが
用いられた高品質なインパネ
メルセデス・ベンツ Aクラス インパネ|ニューモデル速報
3キャラクターを演出する
スポーツシートを採用
メルセデス・ベンツ Aクラス シート|ニューモデル速報
4AMGが開発段階から参加した
A250シュポルト
メルセデス・ベンツ Aクラス A250シュポルト|ニューモデル速報
SPECIFICATIONS
グレードA180ブルーエフィシェンシーA180ブルーエフィシェンシースポーツA250シュポルト
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4290×1780×14354355×1780×1420
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)143014401450
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)15951991
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000155(210)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1250−4000350(35.7)/1200−4000
JC08モード燃費(km/L)15.9
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)284.0335.0420.0
■発表日:平成25年1月17日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027