新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス GS-F【スクープ!】 / navi

クルマニュース

レクサス GS-F【スクープ!】 / navi

(2013/01/31)

調査報告書 2013年1月
File No.163

レクサス GS-F

※2013年1月31日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

レクサス GS-F予想CG|ニューモデル速報
レクサス GS-Fフロントフェイス|ニューモデル速報レクサス GS-F リアスタイル|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

5L V8エンジンと秘密兵器を備えて登場

逆台形と台形を合わせた形をしたスピンドルグリルをはじめ、レクサスブランドのデザインの方向転換を具現化したGSが登場したのが2012年1月。そのGSに、どうやら欧州の競合車を意識した隠しダマが控えているようだ。

欧州のミディアムラージサイズには、メルセデス・ベンツ E63 AMGや、BMW M5、アウディ S6などハイパフォーマンスなモデルがラインナップされている。GSにもこのようなプレミアムスポーツ4ドアが投入される予定だ。

GS-Fと呼ばれるスポーツモデルは、エアダクトなどの専用フェンダーが備わる模様。スクープ班がキャッチしたテスト車(写真右上下)をご覧いただきたい。既存グレードとの違いが強く打ち出され、足元にはFスポーツと同じ19インチタイヤ&ホイールが採用される。

エンジンは、当初、専用のV10ユニットを新開発し搭載する予定だったが、早々に断念。IS-Fと同じ5LのV8が採用されることに落ち着いたようだ。先述のライバルたちが過給器を備えるのに対して、GS-Fは自然吸気エンジンを採用。トランスミッションは、エンジンと同様にIS-Fから流用される8速ATが組み合わせられる。

ここだけ見るとIS-Fとの差別化が難しそうだが、GS-Fにもきちんとアドバンテージが用意される。トヨタでは初となる左右駆動力配分機構が用いられるのだ。過去にホンダがレジェンドで、三菱がランエボでみせたように、旋回時に後輪のトルク配分を変動させ、車自らが“曲がる力”を発揮する。GS-FはパワートレインをIS-Fと共有することで、1000万円前後のリーズナブルな価格となりそうだ。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027