新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ プレマシー【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ プレマシー【マイナーチェンジ】 / navi

(2013/02/01)

スカイアクティブ技術を採用

マツダ プレマシー|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のラディアントエボニーマイカを含む全8色
マツダの人気コンパクトミニバン、プレマシーがマイナーチェンジした。

今回の変更における最大のトピックは、高効率直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」と高効率6速オートマチックトランスミッションである「SKYACTIV-DRIVE」という2つのスカイアクティブ技術が2WD車の主力グレードに採用されたこと。

上質で気持ちのよい走りを実現するとともに、15インチホイール採用車ではJC08モード燃費16.2km/Lを達成。これは、2.0Lクラス乗用ミニバンではトップとなる低燃費だ(マツダ調べ)。なお、この15インチホイール仕様は75%の減税対象となる。

スカイアクティブ搭載車には、TFTカラー液晶を採用した「SKYACTIV」専用メーターが装備された。また、アクセルの踏みこみ過ぎや急ブレーキなど、無駄な操作をドライバーに知らせ、スムーズな運転をサポートするi-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)も採用されている。

ミニバンとしての使い勝手も磨きがかけられている。まず、ラゲージルーム床下のアンダートランクの深さを従来の50mmから200mmへ変更し容量を拡大。荷室の使いやすさを向上させた。さらに、スカイアクティブ搭載車と4WDモデルは、乗降しやすい大開口の電動スライドドアが標準装備される。

価格は、2Lの直噴DISIエンジンと5ATを搭載するエントリーグレード「20CS」の179万9000円から、17インチホイールなどが装備されるスカイアクティブ採用車の最上級グレードである「20S-SKYACTIV Lパッケージ」および、4WD車の「20S」の235万2000円まで。上級グレードは若干の値上げとなっている。

グレード20CS20Sスカイアクティブ20S
駆動方式FF4WD
トランスミッション5AT6AT4AT
全長×全幅×全高(mm)4585×1750×16154585×1750×1650
ホイールベース(mm)2750
車両重量(kg)147014901580
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)199819971998
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200111(151)/6000102(139)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]186(19.0)/4500190(19.4)/4100175(17.8)/4000
JC08モード燃費(km/L)13.016.210.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60レギュラー/55
車両本体価格(万円)179.9220.5235.2
■発表日:平成25年1月24日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027