新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 アウトランダーPHEV【新型車】 / navi

クルマニュース

三菱 アウトランダーPHEV【新型車】 / navi

(2013/02/01)

三菱の技術を結集させたプラグインハイブリッドEV

  • 三菱 アウトランダーPHEV|ニューモデル速報
  • 三菱 アウトランダーPHEV 充電の様子|ニューモデル速報
↑ボディカラーは、写真のPHEV専用色であるテクニカルシルバーメタリックを含む全7色。写真右は充電の様子
2012年10月に2代目へとフルモデルチェンジしたミドルクラスSUVのアウトランダーに、プラグインハイブリッドEV技術を搭載したアウトランダーPHEVが新たに投入された。PHEVとは自分で発電可能な電気自動車で、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車になる。

開発に当たっては、i-MiEVで培ったEV技術、ランサーエボリューションで鍛えた4WD技術、パジェロで築いたSUVのノウハウを結集。EVの優れた環境性能や静粛性、4WDによる走行安定性や意のままの走り、SUV ならではの充実したユーティリティの融合が図られた。

アウトランダーのPHEVは、日常においては環境に優しいEV走行を、遠出ではモーター主体のハイブリッド走行を実現する。充電電力を使用した際の走行距離は、JC08モードで60.2kmを達成。日常生活はほぼ電気自動車として使用できる。その「EV走行モード」以外にも2つのモードが用意されており、急加速や登坂、バッテリーの電力量が低下した場合などでエンジンを発電に用い、その電力でモーターを動かす「シリーズ走行モード」。高速で走る際など、エンジンの駆動力を主に、モーターの駆動力がアシストする「パラレル走行モード」を備えている。

低燃費かつ快適な走行を実現するため、走行状況やバッテリー残量に応じて、上記の3つの走行モード(EV/シリーズ/パラレル)から最適なものが自動で選択される。外部充電による電力の積極的な活用、減速時のエネルギー回収などによりガソリンの消費を極力抑えて、プラグインハイブリッド燃料消費率(複合燃料消費率)67.0km/L、ハイブリッド燃料消費率18.6km/L(いずれもJC08モード)を達成した。また、最大航続距離では897km(JC08モード)を実現している

4WDシステムは、新開発の「ツインモーター4WD」を採用。車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」との組み合わせにより、様々な路面状況において安心で快適な運転を実現している。また、立ち上がりから高いトルクを発生するモーターの特性により、大排気量・高出力エンジン車並みの加速レスポンスが得られるなど、優れた環境性能と走行性能を両立している。

エントリーモデル以外にはオプションで「100V AC電源(1500W)」が設定でき、アウトドアレジャーや非常時に、各種家電製品へ電力を供給することもできる。バッテリーのみで一般家庭の電力消費量の約1日分相当、エンジン発電を含めると最大で約10日分相当の電力供給が可能だという。

パワートレインは、2Lの直4エンジンと、最高出力60kW、最大トルク137N・m(フロント)/195N・m(リア)を発生させる前後2つの永久磁石式同期型モーターとの組み合わせ。バッテリーは高効率なリチウムイオンが採用された。減速エネルギーを駆動用バッテリーに充電する回生ブレーキ機能も組み込まれている。

内外装も独自の意匠が与えられた。エクステリアでは、専用のグリル周りとリアコンビランプを採用。さらにエントリーモデルを除く全車に、18インチのアルミホイールが装備された。インテリアでは、エネルギー使用/回生の度合いを視覚的に表示するパワーメーターを新たに搭載。さらに、合成皮革とファブリックの組み合わせに、シルバーステッチを配したPHEV専用のシートが与えられる。なお、上級グレードでは本革シートも選択できる。

モデルバリエーションは、エントリーモデルの「E」。中級モデルにあたる「G」。Gに安全技術「e-Assist(イーアシスト)」が加わる「G Safety Package」(先行車との衝突を回避または軽減する衝突被害軽減ブレーキシステムを含む)。さらに、ナビゲーションシステムが標準装備される「G Navi Package」。高級オーディオシステムであるロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムが加わる「G Premium Package」の5グレードを用意。

価格は、受注生産となるエントリーグレード「E」の332万4000円から、最上級グレードである「G Premium Package」の429万7000円まで。エコカー減税(免税)および、平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額43万円)の対象車となっており、補助金が適用された場合の実質的な車両本体価格は289万4000円からとなる。
グレードEG Premium Package
駆動方式4WD
トランスミッション-
全長×全幅×全高(mm)4655×1800×1680
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)17701820
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1998
最高出力[kW(ps)rpm]87(118)/4500+60(82)+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]186(19.0)/4500+137(14.0)+195(19.9)
JC08モード燃費(km/L)ハイブリッド燃料消費率:18.6/プラグインハイブリッド燃料消費率:67.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)332.4429.7
■発表日:平成24年12月26日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
公道試乗でわかった! 新型フォレスターのガソリンモデルとHVモデルの違い(2018/10/08)
クラス最高峰の美しさとスポーティな走り「アウディ A7 Sportback」に酔いしれる(2018/10/05)
いよいよ完成の域に達したSUVでは国産唯一無二のPHEVモデル(2018/10/03)
新型CLSは獰猛な顔付きに似合わず、驚くほど静かでスムーズなモデルだ!(2018/10/02)
エンジンに大きく手が加えられ、さらに気持ちいい走りを可能にしたロードスターとRF(2018/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027