新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ フリード【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ フリード【スクープ!】 / navi

(2013/02/14)

調査報告書 2013年2月
File No.165

ホンダ フリード

※2013年2月14日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

ホンダ フリード予想イラスト|ニューモデル速報
ホンダ フリード 現行モデル|ニューモデル速報ホンダ 直3ターボエンジン|ニューモデル速報

Photo/マガジンX編集部

はやりのダウンサイジングターボ搭載か

ハイブリッド技術一辺倒で突っ走ってきた国産メーカーは、ダウンサイジング加給技術において欧州勢より遅れを取ってしまった。国内メーカーは、いまやすっかりトレンドとなった小排気量+ターボの開発に必死に取り組んでいる。

国内では、日産がノートで1.2L+スーパーチャージャーユニットを採用したことは記憶に新しい。それに続いて攻勢をかけそうなメーカーがホンダだ。File No.164でお伝えしたとおり、次期ステップワゴンは1.5L+ターボとなる。

どうやらホンダはさらなるダウンサイジングユニットを準備しているようだ。なんと1L直3+ターボ(写真右下)を模索中だという。このユニットは、軽自動車用の660ccからのサイズアップではなく、直4エンジンからシリンダーを省いた新開発のユニットになる模様。これを1.5L級のモデルに順次採用していく計画だ。

最初にダウンサイジングユニットが搭載されるのは次期USシビックだろう。2015年夏のフルモデルチェンジ時に、1.5L 直4ターボと同時デビューの可能性が高い。国内モデルとしては、“ちょうどいい”ミニバンとしてすっかりおなじみとなったフリード(写真右上)に用いられるようだ。

フリードは2015年初夏に一新される予定。フルモデルチェンジ時には、1.5L直噴と1.5Lハイブリッドがラインナップされる。これに加え、デビュー3ヵ月後に話題のダウンサイジングユニットが追加設定されるようだ。

この1Lターボは1.5L級のパワーを有する。先に登場する1.5L直噴とどのように売り分けられるのか、実に興味深い。

以上
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027