新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 5008【新型車】 / navi

クルマニュース

プジョー 5008【新型車】 / navi

(2013/02/22)

プジョー 5008|ニューモデル速報

プジョーでは初となるミドルサイズミニバン、5008が日本市場に投入された。コンセプトから見直され、このセグメントで初となるプレミアム7シーターだ。発売は2013年2月25日から

プジョー初のミドルサイズ7シーターミニバン

4桁車名を採用した最新型プジョー

プジョー5008の「5」は、プジョーのファミリーカー分野における伝統的なナンバー。現行モデルでも、ミドルサイズのセダンとステーションワゴンが508の名前を採用している。5008はミドルサイズミニバンとして日本で初めて導入された意欲作だ。

開発にあたってはミニバンのコンセプトと価値を見直し、利便性や安全性、走行性能を高レベルで兼ね備えることを追求。このクラスの新たな基準となることが目標とされた。

多彩なシートアレンジで高い利便性を獲得

5008は日本のミニバンにひけを取らない多彩なシートアレンジを実現している。最大の特徴は7つのシートがすべて独立していること。2列目の3席はすべて44cm幅と大人3人がゆったりと座れるスペースがある。それぞれ個別にスライドし、さらに、各シートはフロアにたたむことができる。シートをたためばフラットで広大なラゲージスペースを作ることもできる。

ラゲージスペースの容量は3列目を格納した状態で823L。パーセルシェルフ(トランクのトノカバー)を取り外し、天井まで荷物を積載できる状態にすると1247Lで、前述の2列目シートを折りたたむと2506Lにもなる。

高い走行性能と安全性能を両立

パワートレインはプジョーではおなじみの1.6L直噴ツインスクロールターボと6速ATの組み合わせ。ミッションは日本での走行に適したシフトパターンを採用しており、今までのミニバンとは一線を画す走行ができるという。

高い安全性能も備えられている。衝撃吸収性に優れたボディ構造はすべての乗員を守るべく設計。さらに、4つのエアバッグに加え、3列にわたって窓側に展開するカーテンエアバッグを装備している。もちろん、全席3点式シートベルトが用意される。

他にも、バックソナーやヒルスタートアシスタンス、横滑り防止装置のESCなどの安全デバイスにより、クラストップレベルの安全性能が与えられた。

装備の違いによる2モデルが用意される

モデルラインナップは装備の違いによる2グレード。ベーシックモデルの「5008 プレミアム」でも、前述の安全装備はすべて採用される。

上級の「5008 シエロ」では、さらに17インチアロイホイールやパノラミックガラスルーフ、ヘッドアップディスプレイなどの上級装備を採用。さらに、オプションでシート表皮に本革を採用したレザーパッケージや、1列目シート左右両席のヘッドレストに7インチの後部座席専用モニターを組み込んだリア・エンターテイメント・システム(ブルートゥース対応充電式ヘッドホン2個付)を採用したビデオパッケージも設定される。

価格は5008 プレミアムが300万円、5008 シエロは330万円となる。

上級モデルにはパノラミックガラスルーフを採用

上級モデルにはパノラミックガラスルーフを採用

プジョー渾身の7シーターミニバン。高い室内空間を実現

プジョー渾身の7シーターミニバン。高い室内空間を実現

2列目シートまで折りたためばフルフラットなスペースが現れる

2列目シートまで折りたためばフルフラットなスペースが現れる

グレード5008プレミアム5008シエロ
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4530×1840×1645
ホイールベース(mm)2725
車両重量(kg)15701600
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500
JC08モード燃費(km/L)11.7
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)300.0330.0
■発表日:平成25年2月14日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027