新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 5008【新型車】 / navi

クルマニュース

プジョー 5008【新型車】 / navi

(2013/02/22)

プジョー 5008|ニューモデル速報

プジョーでは初となるミドルサイズミニバン、5008が日本市場に投入された。コンセプトから見直され、このセグメントで初となるプレミアム7シーターだ。発売は2013年2月25日から

プジョー初のミドルサイズ7シーターミニバン

4桁車名を採用した最新型プジョー

プジョー5008の「5」は、プジョーのファミリーカー分野における伝統的なナンバー。現行モデルでも、ミドルサイズのセダンとステーションワゴンが508の名前を採用している。5008はミドルサイズミニバンとして日本で初めて導入された意欲作だ。

開発にあたってはミニバンのコンセプトと価値を見直し、利便性や安全性、走行性能を高レベルで兼ね備えることを追求。このクラスの新たな基準となることが目標とされた。

多彩なシートアレンジで高い利便性を獲得

5008は日本のミニバンにひけを取らない多彩なシートアレンジを実現している。最大の特徴は7つのシートがすべて独立していること。2列目の3席はすべて44cm幅と大人3人がゆったりと座れるスペースがある。それぞれ個別にスライドし、さらに、各シートはフロアにたたむことができる。シートをたためばフラットで広大なラゲージスペースを作ることもできる。

ラゲージスペースの容量は3列目を格納した状態で823L。パーセルシェルフ(トランクのトノカバー)を取り外し、天井まで荷物を積載できる状態にすると1247Lで、前述の2列目シートを折りたたむと2506Lにもなる。

高い走行性能と安全性能を両立

パワートレインはプジョーではおなじみの1.6L直噴ツインスクロールターボと6速ATの組み合わせ。ミッションは日本での走行に適したシフトパターンを採用しており、今までのミニバンとは一線を画す走行ができるという。

高い安全性能も備えられている。衝撃吸収性に優れたボディ構造はすべての乗員を守るべく設計。さらに、4つのエアバッグに加え、3列にわたって窓側に展開するカーテンエアバッグを装備している。もちろん、全席3点式シートベルトが用意される。

他にも、バックソナーやヒルスタートアシスタンス、横滑り防止装置のESCなどの安全デバイスにより、クラストップレベルの安全性能が与えられた。

装備の違いによる2モデルが用意される

モデルラインナップは装備の違いによる2グレード。ベーシックモデルの「5008 プレミアム」でも、前述の安全装備はすべて採用される。

上級の「5008 シエロ」では、さらに17インチアロイホイールやパノラミックガラスルーフ、ヘッドアップディスプレイなどの上級装備を採用。さらに、オプションでシート表皮に本革を採用したレザーパッケージや、1列目シート左右両席のヘッドレストに7インチの後部座席専用モニターを組み込んだリア・エンターテイメント・システム(ブルートゥース対応充電式ヘッドホン2個付)を採用したビデオパッケージも設定される。

価格は5008 プレミアムが300万円、5008 シエロは330万円となる。

上級モデルにはパノラミックガラスルーフを採用

上級モデルにはパノラミックガラスルーフを採用

プジョー渾身の7シーターミニバン。高い室内空間を実現

プジョー渾身の7シーターミニバン。高い室内空間を実現

2列目シートまで折りたためばフルフラットなスペースが現れる

2列目シートまで折りたためばフルフラットなスペースが現れる

グレード5008プレミアム5008シエロ
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4530×1840×1645
ホイールベース(mm)2725
車両重量(kg)15701600
乗車定員(人)7
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500
JC08モード燃費(km/L)11.7
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)300.0330.0
■発表日:平成25年2月14日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027