新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニ ペースマン【新型車】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニ ペースマン【新型車】 / navi

(2013/02/26)

ミニ ペースマン|ニューモデル速報

ミニのラインナップに7番目のモデルとしてペースマンが加わった。ゆったりとくつろげるスペースを確保しながら、ショルダーラインから上はクーペのようなデザインを採用。エレガントさを具現化した新しいコンセプトとして仕立てられた。発売は2013年3月2日(ミニの日)から

ミニ7番目のモデルはスポーツ・アクティビティ・クーペ

力強さとエレガントさを融合

エクステリアはA ピラーからC ピラーにかけて流れるようなルーフラインが特徴。前方から後方にかけて上昇するショルダーラインとの相乗効果により、エレガンスさと力強さを演出している。リアデザインはルーフやショルダーライン、ブレーキライトなど、ほぼすべての横方向のラインを平行にすることで、ワイド感が強調された。メーカーでは、BMW X6と同様のコンセプト「スポーツ・アクティビティ・クーペ」と銘打っている。

インテリアは他ミニモデルと共通のイメージを踏襲。特筆すべきは後席スペースだ。後席にはラウンジコンセプト(独立したシングルシートを2つ備えるコンセプト)をミニとして初めて採用し、大人4 名がゆったりとくつろげる空間が確保された。

エンジンは1.6LのNAとターボを用意。ターボには4WD仕様も

エンジンは、可変バルブタイミング機構を備える1.6LのNAエンジンと、同エンジンにツインスクロールターボを加えたユニットの2種類を用意。ターボ仕様は、FFの他に4WDも選択できる。全グレードともトランスミッションは6MTと6ATが用意されている。

価格は、1.6LのNAエンジン+6MTを採用する「ミニ クーパー ペースマン」の312万円から、ターボ+6ATで4WD仕様の「ミニ クーパーS ペースマン ALL4」の396万円までとなる。

クーペのようなルーフラインが特徴

クーペのようなルーフラインが特徴

インパネはミニ共通のイメージを踏襲

インパネはミニ共通のイメージを踏襲

大人4人がゆったりとくつろげるスペースを実現

大人4人がゆったりとくつろげるスペースを実現

ラゲージスペースも必要十分な容量を確保

ラゲージスペースも必要十分な容量を確保

グレードクーパー ペースマンクーパーS ペースマンクーパーS ペースマン ALL4
駆動方式FF4WD
トランスミッション6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)4120×1785×15304125×1785×1530
ホイールベース(mm)25952956
車両重量(kg)133013901460
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/6000135(184)/5500
最大トルク[N・m(オーバーブースト時)/rpm]160/4250240(260)/1600-5000
JC08モード燃費(km/L)16.714.112.3
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/47
車両本体価格(万円)312.0375.0396.0
■発表日:平成25年2月13日 ■取り扱い:ミニ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027