新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ スペーシア【新型車】 / navi

クルマニュース

スズキ スペーシア【新型車】 / navi

(2013/02/26)

スズキ スペーシア|ニューモデル速報

スペーシアは、アルトエコで採用したスズキグリーンテクノロジーを搭載した軽ハイトワゴン。便利さと低燃費がウリで、「広くて楽しい、みんなのわくわくスペース」がコンセプトだ

広い室内と高い経済性を両立した軽ワゴン

家族みんなの使いやすさを追求

スペーシアは、女性の視点を活かしながら“家族の車”として開発された。具体的には、送迎や買い物などで運転されることを考え、広く開放的な空間と使いやすさを考慮したという。また、運転席を中心に配置された収納スペースや、運転する人にも一緒に乗る人にも配慮した様々な機能が盛り込まれている。

エクステリアは、箱のように四角いロングルーフが最大の特徴。この形が室内のゆとりに大きく貢献している。フロントフェイスは、シンプルかつ親しみやすさを表現。ピラーを黒色にすることによって、開放感も演出した。

インテリアは、インパネ上面や前面のボリュームを抑えることで視覚的な広さが演出されている。また、インパネ上部をブラウン、下部を明るいベージュとする2トーンカラーにより使い勝手も考慮。前述の豊富な収納スペースとあわせて、高い質感と機能性が与えられている。さらに、Aピラーを細くすることで、広いフロントクォーターガラスを確保し、前方視界も良好だ。

ロングホイールベースの新プラットフォームを採用したことで、全高1700mm以上の軽自動車の中でトップクラスの室内長2215mmを実現している。また、後席ドアには、開口幅580mm/開口高1230mmのスライドドアが採用された。リアシートは5段階のリクライニング式となるほか、2アクションで荷室をフラットにする「左右独立ダイブダウンシート」や、長尺物を載せる際に便利な「助手席前倒し機構」などによって多彩なシートアレンジが可能だ。

新開発のスマートフォン連携ナビがオプションで用意されたこともトピック。6.2インチの大画面で直感的な操作ができる。AUX(外部入力端子)やUSBソケットに加え、ブルートゥースにも対応し、携帯オーディオやスマートフォンに保存されている音楽を再生することも可能。

軽量化と高効率ユニットにより、高い燃費性能を獲得

スズキグリーンテクノロジーにより、高い燃費性能が実現されている。エンジンや足回り、内外装部品などの軽量化を徹底することで、前モデルにあたるパレットと比べて最大で90kgも減量。840kgという車両重量は、全高1700mm以上の軽ワゴンの中では最軽量となる。もちろん、軽いだけではない。高張力鋼板をボディ全体の約42%に採用することで、高いボディ剛性も両立している。

パワートレインは、アルトエコにも採用された低燃費や高い低速トルク、静粛性などが特徴の新世代エンジン「R06A型」のNAとターボ。さらなる軽量化や、フリクションの低減が図られている。また、ラジエーターの薄型化や、副変速機構付CVTの制御などが改良された。

リチウムイオンバッテリーとオルタネーターによるエネルギー回生システム「エネチャージ」や、アイドリングストップ中にエアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷剤を通した冷風を室内に送って温度上昇を抑える「ECO-COOL」などにより、JC08モード燃費はNAのFF車で29.0km/L、ターボのFF車で26.0km/Lという優れた数値を達成している。ターボ車を含め2WD・4WD車ともに全車エコカー減税の免税対象となる。

NAとターボともに、2WDと4WDを用意

モデルバリエーションは、エントリーモデルにあたるNAエンジン搭載の「G」。軽自動車では初となる、スイッチを押すだけで後部席のドアの解錠と開閉が自動できる「ワンアクションパワースライドドア」などが備わる上級モデルの「X」。Xの装備に、LEDサイドターンランプ付きドアミラーを追加したターボモデル「T」の3つを用意。NA、ターボともに2WDと4WDから選択できる。

価格は、NAエンジンで2WDを採用するエントリーモデル「G」の122万8500円から、ターボエンジン+4WDの「T」の153万5100円まで。

ロングルーフにより広々感を表現

ロングルーフにより広々感を表現

使い勝手と質感を両立させる2トーンカラーのインテリア

使い勝手と質感を両立させる2トーンカラーのインテリア

クラス最大の室内長2215mmを実現

クラス最大の室内長2215mmを実現

高い燃費性能を実現したエンジン(右:ターボ・左:NA)

高い燃費性能を実現したエンジン(右:ターボ・左:NA)

グレードGXT
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17353395×1475×1740
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)840900920
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)29.026.825.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)122.85144.06153.51
■発表日:平成25年2月26日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027