新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル WRX-STI【スクープ!】 / navi

クルマニュース

スバル WRX-STI【スクープ!】 / navi

(2013/03/14)

スバル WRX-STI予想CG |ニューモデル速報

スバルが元気だ。新興国での販売が好調なことに加え、最重要市場としていたアメリカ市場で狙い通りの成果を得た事も大きい。2011年度から2015年度までの経営計画「モーションV(ファイブ)」がスケジュール通りに進んでいるといえる

次期WRX-STIは、ワゴンがベース!?

ダウンサイジングユニットを採用するも、パフォーマンスは堅持

経営計画「モーションV」では今後の新規車種の投入計画も明らかにされている。2011年のインプレッサXV、2012年のBRZは予定通りに投入された。スケジュールとしては、2014年中に新コンセプトのモデルがデビューする予定だ。実は、これこそがスバルのフラッグシップを担う次期WRX-STIだという。

WRX-STIといえば、インプレッサのハイパフォーマンスバージョンというイメージだが、次期型はインプレッサではなく、インプレッサ派生ワゴンをベースに開発されているようだ。

ただし、ワゴンとはいってもショートワゴンに近く、ちょうどインプレッサ5ドアの前身であったスポーツワゴンに近いコンセプト&ルックスとなるだろう。2011年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー「アドバンスドツアラー」が新型ワゴンの予告編だったといえば、イメージがつかみやすいだろうか。

なぜ次期WRX-STIはワゴンベースとなるのか。その答えは欧州市場にある。ヨーロッパでは現在、コンパクトワゴンが売れ筋のトレンドとして急浮上している。フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントやプジョー 308SW、フォード フォーカスワゴンはもちろん、日本勢もホンダ シビックやトヨタ オーリスにワゴンを追加し販売台数を増やそうとしている。スバルもこのカテゴリーを放っておきはしない。WRX-STIをワゴン化し目玉とするようだ。

パワートレインは、トレンドにのっとり1.6Lにまでダウンサイジング。ただし、車名に恥じないパフォーマンスはキープされる。もちろん直噴化とターボチャージャーにより、燃費性能も追求される。組み合わされるトランスミッションは独自のチェーン式CVTとなるだろう。今後、どんな車を出してくるのか。スバルの今後が楽しみだ。

※2013年3月14日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

スバル インプレッサハッチバックSTI 現行モデル

スバル インプレッサハッチバックSTI 現行モデル

スバル インプレッサスポーツワゴン

スバル インプレッサスポーツワゴン

コンセプトカー「アドバンスドツアラー」

コンセプトカー「アドバンスドツアラー」

予想発表時期2014年7月
全長×全幅×全高4650×1770×1450(mm)
搭載エンジン1.6L 水平対向4+ターボ
■Photo&Text/マガジンX編集部 
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027