新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ フレアワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ フレアワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/03/25)

マツダ フレアワゴン | ニューモデル速報

マツダの軽トールワゴンタイプであるフレアワゴンが、OEM元のスズキ スペーシアの登場を受けフルモデルチェンジを果たした。発売は2013年4月25日からとなる

高い環境性能を実現。全モデルがエコカー減税対象

広さと使いやすさを両立

エクステリアは室内の広さと解放感を感じさせる。親しみやすく、シンプルでスタイリッシュなデザインだ。

インテリアは、ガラスエリアとインストルメントパネルの造形やカラーリングの工夫により、開放的な雰囲気となっている。また、ハイルーフとロングホイールベースにより、室内高1375mm/室内長2215mmというゆとりある室内を実現。後席ドアには開口幅580mm/開口高1230mmのスライドドアと、340mm(2WD車)の低いリアステップを採用することで、乗降性も高められている。

利便性も高い。左右独立格納型のリアシートを軽量化し操作性を改善、ほぼフラットで奥行きのあるラゲージを作り出せる。なんと、一般的な27インチ型自転車をそのまま積載できるという。また、携帯電話などの小物を収納するのに便利な「フロントミドルドアポケット」や、助手席側のグローブボックスに箱型ティッシュを格納できるフタ付きの「インパネトレイ(助手席側)」など、豊富な収納スペースが装備される。

「マップルナビ」を標準搭載したスマートフォン連携ナビがオプションで用意されたこともトピックだ。マルチタッチ対応6.2インチディスプレイの採用によりスマートフォンのように操作が可能。バックモニター、AM/FMラジオ、ワンセグテレビを装備し、Bluetoothによる無線接続にも対応している。さらに、専用ケーブルでスマートフォンを接続することで、対応アプリケーションのモニター表示や操作もできる。

エネルギー効率を高める低燃費技術

パワートレインは、660ccのVVTエンジンと副変速機構付CVTとの組み合わせ。力強い走りと低燃費を両立した。また、エンジンや足回り、内外装部品などの軽量化を徹底することで、先代モデルに比べて90kgも軽くなっている。

さらに、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンが自動停止する「アイドリングストップシステム」や、アイドリングストップ中にエアコンが停止し送風状態になったとき、蓄冷剤を通した冷風で室温の上昇を抑える「エコクールL」、エネルギー回生システム「エネチャージ」などの低燃費技術を採用。JC08モード燃費は2WDモデルで29.0km/Lという優れた数値を実現した。

装備の違いによる2モデルを用意

モデルバリエーションは、エントリーモデルにあたる「XG」と、アドバンストキー携帯時にドアハンドルのスイッチを押すだけで後席左側ドアが自動で開く「ワンアクションパワースライドドア」などが備わる上級グレードの「XS」の2モデルを用意。なお、「XS」にはルーフやドアミラー、フルホイールキャップが白塗装となる「2トーンカラー」も設定される。両グレードとも駆動方式は2WDと4WDを選ぶことができる。

価格は、2WDのエントリーモデル「XG」の126万5250円から、4WDの上級グレード「XS」の145万1100円までとなる。

ロングルーフにより広々感を表現

ロングルーフにより広々感を表現

収納が程よく配置された2トーンカラーのインテリア

収納が程よく配置された2トーンカラーのインテリア

クラス最大の室内長2215mmを実現

クラス最大の室内長2215mmを実現

グレードXGXS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17353395×1475×1740
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)840900
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/4000
JC08モード燃費(km/L)29.026.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)126.525145.11
■発表日:平成25年3月18日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027