新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス IS【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス IS【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/05/16)

レクサス IS

レクサスのDセグメントセダンであるISが8年ぶりにフルモデルチェンジ。先代モデルが培ってきた「走る愉しさ」、「スポーティなスタイル」がさらなる高みへ飛躍したという

正常進化により、真の「走る愉しさ」を実現

ニュルブルクリンクなど、名だたるサーキットで走りを磨く

新型ISでは、数値的な性能はもちろん、「走っていてワクワクする」「もっと走りたくなる」といった感性的な領域を徹底的に磨き上げることを目標とし「走る愉しさ」をさらにブラッシュアップ。ニュルブルクリンクをはじめとしたサーキット走行を含め、あらゆる環境下で徹底的にテストを実施したという。

新型ISを開発するにあたって3つの狙いがあったという。ひとつ目は、ドライバーの感性に訴える優れた“官能性能”の実現。2つ目は、IS初となるハイブリッドモデルをはじめとした先行技術の投入。3つ目は、レクサスのスポーツセダンにふさわしいアグレッシブなデザインの採用だ。

鮮やかな印象を残すアグレッシブなデザインを強調

エクステリアは従来のスポーティさをさらに磨き、スポーツセダンにふさわしいアグレッシブかつ洗練されたデザインを実現。レクサスのシンボルであるスピンドルグリルや、ヘッドランプから独立したL字型のクリアランスランプ(ポジショニングランプ)など、新世代レクサスのデザインアイコンを組み込んだ力強いフロントフェイスとなっている。

サイドビューは、リアエンドまで跳ね上がるウェッジライン(くさび形のライン)が特徴的。軽快さとシャープさを表現している。リアビューはL字型のリアコンビランプを採用するなど個性的かつ力強いデザインとなった。

インテリアは運転のしやすさを追求し、スポーティなコクピットを目指した。運転動作をシンプルにするため、水平基調のインストルメントパネルにメーターとナビのディスプレイを集中配置。必要な情報を表示する「ディスプレイゾーン」と、操作系統をまとめたオペレーションゾーンを明確に分離した。また、身体が触れる部分のドアトリムなどには柔らかなパッドをあしらうなど、機能に基づいた素材や形状が見事に調和したドライビング空間を生み出している。

レクサス独自のHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)思想に基づいた操作性の高いインターフェイスも採用されている。ナビやオーディオなどを視線を変えずに指先での操作できるリモートタッチは、適切な運転姿勢を保ったまま扱える位置に配置。

また、レクサスでは初となる静電式温度調整スイッチを新たに採用。エアコンの金属スイッチ部を指先で触れてスライドするだけで設定温度がスムーズに変えられるほか、短いタッチでは0.5度刻みで、長めのタッチでは連続的に設定温度をコントロールすることができる。

エンジンは2種のV6と直4ハイブリッドの3種類

エンジンは、最高出力318ps/最大トルク380N・mを発生る3.5Lと、同215ps/260N・mを発生する2.5Lの2種類のV6に加え、低燃費と高出力を両立させたハイブリッド専用ユニットの2.5L 直4+モーターの3種類をラインナップ。

すべてのエンジン搭載車に、ノーマルモデルと、その豪華版である「Version L」、スピンドルグリルをはじめ専用パーツがふんだんに盛り込まれたスポーティな「F SPORT」が用意される。駆動方式はFRが基本だが、2.5Lのガソリンモデルには4WDも設定された。

価格はエントリーモデルであるV6 2.5L搭載でFRモデルの「IS250」の420万円から、最上級グレードの「IS350 F SPORT」の595万円まで。

ISの魅力であるスポーティなスタイルを踏襲

ISの魅力であるスポーティなスタイルを踏襲

運転のしやすさを追求したコックピット感覚の運転席

運転のしやすさを追求したコックピット感覚の運転席

素材や形状などを磨き洗練された室内空間を実現

素材や形状などを磨き洗練された室内空間を実現

内外装各部にスポーティな意匠が与えられるF SPORT

内外装各部にスポーティな意匠が与えられるF SPORT

グレードIS250IS300h F SPORTIS350 Version L
駆動方式FR
トランスミッション6ATCVT8AT
全長×全幅×全高(mm)4665×1810×1430
ホイールベース(mm)2800
車両重量(kg)155016701630
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC直4DOHC+モーターV6DOHC
総排気量(cc)249924933456
最高出力[kW(ps)rpm]158(215)/6400131(178)/6000+105(143)234(318)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]260(26.5)/3800221(22.5)/4200−4800+300(30.6)380(38.7)/4800
JC08モード燃費(km/L)11.623.210.0
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66レギュラー/66プレミアム/66
車両本体価格(万円)420.0538.0575.0
■発表日:平成25年5月16日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027