新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ/AMG Eクラス【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ/AMG Eクラス【マイナーチェンジ】 / navi

(2013/05/22)

メルセデス・ベンツ/AMG Eクラス|ニューモデル速報 

メルセデス・ベンツの中核モデルであるEクラスのセダンとステーションワゴンがマイナーチェンジした

パワートレインの刷新で燃費性能と環境性能が大幅に向上

内外装ともに大きく手が入れられた

エクステリアは、従来モデルでもトレードマークになっていた4灯ヘッドライトを最新のデザイン手法でLEDハイパフォーマンスヘッドライトに変更。中央に大型のベンツのエンブレムを配したフロントグリルの採用(E250を除く)など、フロントフェイスを中心に大幅に手直しされた。リアビューの水平基調のリアバンパーや2本のキャラクターライン、新デザインのLEDリアコンビネーションランプによりダイナミックなデザインとなった。

インテリアでは、質感の高いレザーやシャドウシルバーといった厳選された素材を随所に採用。より上質で贅沢な室内空間を目指した。

安全装備も充実している。E250を除く全モデルに用意される安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」に新たな機能を追加。フロントウインドウ上部に配置された「ステレオマルチパーパスカメラ」により、前方約50mまでの路面を立体的に捉えることが可能になった。飛び出し検知機能付ブレーキアシスト・プラスなどの他の安全デバイスとの連携により、安全性と快適性が大きく向上している。

ほかにも、対向車や先行車などにハイビームが当たらないように照射範囲を自動制御する「アダプティブハイビームアシスト・プラス」、スペースを検知しステアリングとブレーキを自動制御し駐車を手助けする「アクティブパーキングアシスト」などを装備。さらにオプションで、フロントグリル、左右ドアミラー、リアエンドに備えられた4つのカメラによって車両周囲の状況を俯瞰で確認できる「360度カメラシステム」も用意される。

パワートレインを刷新、ハイブリッドも用意

今回の変更における最大のポイントはパワートレインの刷新だ。E250および同アバンギャルドには、最高出力211ps/最大トルク350N・mを発生する新開発の2L直4直噴ターボ「BlueDIRECTターボ」を採用。世界で初めて成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、排ガス再循環装置(EGR)を組み合わせたことによる高い環境性能が特徴だ。燃費もJC08モード15.5km/Lと従来比で約23%向上している。

E350ブルーテックアバンギャルドには、新型のV6 3Lクリーンディーゼルユニット「BlueTEC」が採用された。最高出力は従来比+41psの252ps、最大トルクは同+80N・mの620N・mと大幅に強化されている。アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ機能」の追加やエンジンマネジメントの最適化により燃費性能も改善した。

Eクラス初のハイブリッドモデル「E400 HYBRIDアバンギャルド(セダンのみ)」では、最新世代の3.5L V6BlueDIRECTエンジンと高性能電気モーターが組み合わされる。最高出力306ps/最大トルク370N・mというゆとりある動力性能を実現しつつ、JC08モード燃費では15.2km/Lを達成した。なお、電気モーターのみでも最高35km/hまで走行することが可能だという。

AMGモデルを大幅拡充

モデルバリエーションは前述の3種類のエンジンに加え、4.7LのV8エンジンを搭載したE550アバンギャルドを設定。さらに、メルセデスAMG社が手がけるハイパフォーマンスモデルも用意される。

最高出力557ps/最大トルク720N・mを発生する5.5L V8ツインターボを搭載するE63 AMGに加え、4WDのE63 AMG 4MATIC(セダン、ステーションワゴン)を投入。さらにハイパフォーマンスモデルとして、このユニットを同585ps/800N・mに高めたE63 AMG S(セダンのみ)と、4WD機構を追加したE63 AMG S 4MATIC(セダン、ステーションワゴン)が追加された。

価格は、2L直4直噴ターボを搭載するエントリーモデル「E250(セダン)」の595万円から、ハイチューンの5.5L V8ツインターボを搭載する4WDのステーションワゴン「E63 AMG S 4MATIC ステーションワゴン」の1817万円まで。

エクステリアは前後ライト類を含めて大幅に変更された

エクステリアは前後ライト類を含めて大幅に変更された

今回の変更ではAMGモデル(写真)のバリエーションが拡充された

今回の変更ではAMGモデル(写真)のバリエーションが拡充された

グレードE250E400ハイブリッドアバンギャルドE63 AMG S 4MATICステーションワゴン
駆動方式FR4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4880×1855×14704880×1855×14554912×1873×1522
ホイールベース(mm)2875-
車両重量(kg)17001860
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボV6DOHC+モーターV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)199134975461
最高出力[kW(ps)rpm]155(211)/5500225(306)/6500430(585)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/1200−4000370(37.7)/3500−5250800(81.5)/1750−5000
JC08モード燃費(km/L)15.515.2
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/80
車両本体価格(万円)595.0890.01817.0
■発表日:平成25年5月13日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 マツダ MAZDA3|新型プラットフォームが素晴らしい! これからどんなふうに進化していくのか楽しみなモデルだ(2019/07/18)
【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに(2019/07/18)
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)

アクセスランキング

1
up
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
2
down
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
3
up
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
4
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
5
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン ティグアン|4MOTIONの超安定性に驚く! 最適なシステム介入で雪上ドライブも怖くない!(2019/03/03)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3|新型プラットフォームが素晴らしい! これからどんなふうに進化していくのか楽しみなモデルだ(2019/07/18)
8
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
9
keep
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
10
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027