新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 スカイラインクーペ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

日産 スカイラインクーペ【スクープ!】 / navi

(2013/05/23)

日産 スカイラインクーペ予想イラスト|ニューモデル速報

フェアレディZとともに日産のスポーティなイメージをけん引してきたスカイラインクーペ。次世代モデルはパワートレインを含めて大きく変更される

海外では4ドアセダンから独立するスカイラインクーペ

ハイブリッドからディーゼルまで様々なパワートレインを用意

まずはスカイライン全体の話をしよう。セダンがV37型に生まれ変わるのは2013年秋の予定。海外ではインフィニティQ50となるが、インフィニティ全車がネーミングを刷新する中で唯一フルモデルチェンジされる車だけに、その力の入れようがわかる。

次いで、インフィニティのネーミング刷新の第2弾となるモデルがV37型のクーペだ。国内ではスカイラインクーペを踏襲するようだが、海外ではインフィニティQ60に改名。BMW 3シリーズから独立した2ドアクーペの4シリーズ、アウディのA5シリーズなどと同様に、クーペモデルを別車種としてアピールする狙いだ。

クーペの最大のセールスポイントであるエクステリアは、歴代モデル同様に大半がセダンとは異なる専用のアウターパネルで構成される。現行のV36型と比べて伸びやか、かつ抑揚のあるデザインに変わるのが特徴だ。なお、海外専用となるようだがコンバーチブルも用意される。

モデルチェンジの目玉はパワーユニット。3.7LのV6のみだった現行モデルから大幅に拡充。環境対応ユニットの3.5L V6ハイブリッド、環境のみならず欧州市場での販売拡大に不可欠なディーゼルは2.2L直4、さらには2.1Lのダウンサイジングターボといった具合に次代をにらんだ3種類が新たに加わる。このうち、ディーゼルとダウンサイジングターボはダイムラー製となるようだ。

日産は次期フーガ(海外ではインフィニティQ70)からFR系プラットフォームもダイムラー製に切り替える。スカイラインクーペは、最後の日産純血FR乗用車となる。スカイラインクーペのデビューは、スカイラインよりも1年以上遅れて2014年秋以降になりそうだ。

※2013年5月30日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

日産のスポーティなイメージをけん引してきたスカイラインクーペ

日産のスポーティなイメージをけん引してきたスカイラインクーペ

欧州向けに搭載される2.2Lディーゼルはダイムラー製

欧州向けに搭載される2.2Lディーゼルはダイムラー製

予想発表時期2014年以降
全長×全幅×全高4660×1840×1380(mm)
搭載エンジン2.1L 直4+ターボほか
■Photo&Text/マガジンX編集部 
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027