新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/05/27)

フォルクスワーゲン ゴルフ 【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

1974年の登場以来、6世代38年間にわたり2900万台以上が生産された世界的ベストセラーカー、フォルクスワーゲン ゴルフが7代目へとフルモデルチェンジした。販売は2013年6月25日からとなる

ゴルフ史上初、全車が100%減税対象に

フォルクスワーゲンの新プラットフォーム戦略 MQBを初採用

新型における最大のポイントは、フォルクスワーゲンの新しいモジュール戦略「MQB」のもと開発された初めてのモデルだということ。MQBとは、プラットフォームをいくつかのモジュールに分けて構成し、様々なサイズの車を柔軟に制作しようという設計方法だ。

先代で高い評価を得たTSIエンジンや高剛性ボディ、サスペンション、エアコンなどを新世代モジュールとしてゼロから開発。機能と性能を格段に向上しながら大幅な軽量化と燃費の向上に成功したという。

時代を超えたデザイン、ゴルフはいつの時代もゴルフ

エクステリアは、これまでのモデルのイメージをそのまま継承した。フロントタイヤを前方に移動したり、全高を低くしたりするなど、よりスポーティになったが、世界のCセグメントハッチバックのベンチマークである歴代モデルの印象を踏襲。ひと目でゴルフだとわかるスタイリングは顕在だ。

高い安全装備が与えられたこともトピックだ。自動ブレーキシステムの「フロントアシストプラス」をはじめ、事故の可能性が高いとシステムが判断した場合にシートベルトやエアバッグの効果を最大限に引き上げる「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」、衝突や追突した際に車両を自動で減速させ二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」などの安全デバイスが全車に標準装備された。

さらに、上級モデルには、設定された速度を上限に自動で加減速を行う「アダプティブクルーズコントロール」を装備。なお、最上級グレードには、車線を逸脱したときにステアリングを自動で補正する「レーンキープアシストシステム」も採用された。

高効率の1.2Lと1.4Lエンジンを用意

エンジンは、フォルクスワーゲン独自のエネルギー回生システム「ブルーモーション」を採用した1.2Lと1.4LのTSIユニットを採用。組み合わされるトランスミッションは7速ツインクラッチミッション DSGとなる。

1.2LモデルはJC08モード燃費21.0km/Lを実現。1.4L車には気筒休止システム「アクティブシリンダーマネージメントシステム」を新たに搭載し、JC08モード燃費19.9km/Lを達成した。この結果、いずれも100%のエコカー減税対象となっている。

価格は、1.2Lユニットを搭載するエントリーモデル「TSIトレンドライン」の249万円から、1.4Lエンジンの最上級グレード「TSIハイライン」の299万円までとなる。

ひと目見てゴルフとわかるスタイリングを踏襲

ひと目見てゴルフとわかるスタイリングを踏襲

インテリアもプレミアムカーに匹敵する高い質感を実現している

インテリアもプレミアムカーに匹敵する高い質感を実現している

フロント、サイド、カーテンエアバッグなどを装備し万一の時も安心

フロント、サイド、カーテンエアバッグなどを装備し万一の時も安心

フロントアシストプラスは全車に標準装備される

フロントアシストプラスは全車に標準装備される

グレードTSIトレンドラインTSIコンフォートラインTSIハイライン
駆動方式FF
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4265×1800×1460
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)12401320
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)11971394
最高出力[kW(ps)rpm]77(105)/4500-5500103(140)/4500-6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]175(17.8)/1400-4000250(25.5)/1500-3500
JC08モード燃費(km/L)21.019.9
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)249.0269.0299.0
■発表日:平成25年5月20日 ■取り扱い:フォルクスワーゲン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027