新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Fタイプ【新型車】 / navi

クルマニュース

ジャガー Fタイプ【新型車】 / navi

(2013/05/27)

ジャガー Fタイプ|ニューモデル速報

ジャガーがミドルサイズのスポーツコンバーチブルであるFタイプを発売。「世界で最も美しい車」とも評されるEタイプから50年の時を経て、再び2シーターオープンとして生まれたモデルだ

伝説を継承するオープン2シーター

オールアルミ構造のボディは軽量かつ堅牢

Fタイプの最大のポイントは、ジャガー第4世代となるオールアルミニウム構造のボディだ。開発にあたって掲げられた「軽量化」と「極めて高剛性なボディ」という2つの目標の達成に貢献している。既存のXKプラットフォームと同レベルの強度を維持しながら大幅な軽量化を実現し、また、後輪駆動によって最大限にダイナミクス性能を発揮させる前後重量配分となった。結果、ハンドリングや加速、ブレーキング、燃費、排出ガスといった各性能の総合的なレベルアップにも結びついている。

ジャガーらしさとスピード感を印象づけるデザイン

エクステリアは、ひと目でジャガーであると認識できるだけでなく、純粋にスポーツカーとしての目的にかなうプロポーションとなった。静止している時でさえもスポーツカーとしてのスピード感を印象づける。

インテリアは、運転席と助手席を明確にわける「1+1」構造を採用し、ドライバーを包み込むコクピットとなっている。すべてのスイッチ類やコントロール類は自然と手が伸びる場所に配置され、シンプルな操作性およびクリアな計器類といった人間工学に基づいた“機能性”がスポーティなスタイルに組み込まれている。

シフトセレクターは、他モデルが採用するダイアル式ではなく、スティックタイプのジャガースポーツシフトセレクターを採用。直感的に操作でき、車との一体感や視覚的なスポーツ感を演出する。もちろん、ジャガーの伝統であるラグジュアリーさも健在だ。豊富な種類のファインレザーや、カラー、素材が個性的な空間を演出する。

V6とV8、2種類のエンジンを用意

パワートレインは、最高出力340ps/最大トルク450N・mを発生させる3L V6+スーパーチャージャーと、同495ps/625N・mを発生するV8+スーパーチャージャーの2種類。いずれのユニットも組み合わされるトランスミッションは高効率な8速ATとなる。適切なギアでカーブを走れるようにする「コーナー・レコグニション」も盛り込まれた。

上級モデルにあたるV8搭載車には「電子制御アクティブ・ディファレンシャル・コントロール」が標準装備される。これは、スタビリティ、トラクション、ABSの各システムと連携しパワー伝達を細かく制御することで、グリップ力を最大化し優れたコントロール性を維持するもの。

価格はV6搭載モデル「Fタイプ」が950万円。V8搭載モデル「Fタイプ V8 S」が1250万円となる。

静止している時でもスピード感を印象づけるデザイン

静止している時でもスピード感を印象づけるデザイン

機能的にドライバーを包みこむコクピット

機能的にドライバーを包みこむコクピット

エンジンは写真の3L V6と5L V8の2種類

エンジンは写真の3L V6と5L V8の2種類

グレードFタイプFタイプ V8 S
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4470×1925×1310
ホイールベース(mm)2620
車両重量(kg)17301810
乗車定員(人)2
エンジン種類V6DOHC+スーパーチャージャーV8DOHC+スーパーチャージャー
総排気量(cc)29944999
最高出力[kW(ps)rpm]250(340)/6500364(495)/6500
最大トルク[N・m/rpm]450/3500625/2500
JC08モード燃費(km/L)9.88.1
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)950.01250.0
■発表日:平成25年5月24日 ■取り扱い:ジャガー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027