新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 eKワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

三菱 eKワゴン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/06/06)

三菱 eKワゴン【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

三菱の主力軽自動車であるeKワゴンが3代目へとフルモデルチェンジした。従来モデルと同様に、eKワゴンと、プレミアム感を高めたカスタムモデル、eKカスタムが用意される

日産との協業により生まれ変わった3代目

これからの軽に求められる3つの“e(いい)”を形に

新型eKワゴンでは、50年以上にわたって蓄積した三菱の軽自動車作りのノウハウと、日産との合弁会社であるNMKVのマーケティング手法によって、今の時代に求められる「いい軽(eK=excellent K-car)」の開発が目指された。

この3代目では、トールワゴンユーザーがこれからの軽に求める3つの“e(いい)”を形にしたという。ひとつ目は、軽自動車の枠を越える上質感を意味する「elegant(エレガント)」。2つ目は、運転のしやすさと快適空間を表す「easy & comfort」。3つ目は、優れた燃費性能の「eco(エコ)」だ。

内外装ともに高品質を追求

エクステリアデザインは、eKワゴンとeKカスタムで明確にキャラクター分けされた。eKワゴンは、切れ長のキラッと光る瞳を表現したハロゲンヘッドライト、黒基調のフロントグリルなどで個性的な表情を演出。eKカスタムは、安心感と力強さを演出する大型メッキグリルを装着して、たくましさを演出している。緻密な造り込みを施したディスチャージヘッドライトや、特徴的な縦型フォグランプベゼルなどにより存在感を高めている。

両モデル共通となるサイドビューでは、抑揚のある立体的な面作りに挑戦。3本のラインがボディサイドと前後ランプ類につながりをもたせ、これまでにない個性を生み出している。空力特性も考慮されており、cd値はクラストップレベルの0.32を達成。燃費性能にも貢献している。

インテリアは、スムーズな曲面を多く取り入れ、弧を描くような水平基調のインパネとすることで広がり感や柔らかさが演出された。eKワゴンは、ブラック&アイボリー内装を採用し、上質で洗練されたイメージとなった。eKカスタムは、ブラック内装にシルバー加飾を組み合わせることでスポーティでプレミアムな印象に。

室内は、先代eKワゴンより全高が70mm拡大され、十分な頭上空間を確保。90mm延長されたホイールベースや、170mmのリアシートスライドなどにより、後席の足元スペースも広くなった。また、長時間座っていても疲れにくいサポート性に優れたフロントシートを採用。リアシートもフロント部を前傾させふくらはぎをサポートするような形状をしており、リッチな座り心地を実現している。

低燃費、小型・軽量、高性能を実現した新開発の直3エンジン

FF用に開発された直3DOHCエンジンは、小型・軽量化を実現するため、アルミダイカスト製のシリンダーブロックを採用。エンジン本体で先代比約15kgの軽量化に成功したという。

一部の上級グレードのユニットには、軽自動車初となるEGRガスで燃焼室内の混合気の温度を下げて耐ノッキング性能を向上させる「水冷クーラー付EGR」、国内初採用となるエンジン冷却水の温度を最適化することで燃費向上に貢献する「電子制御サーモスタット」などが備わる。

組み合わされるトランスミッションは、三菱の軽では初となる副変速機付CVT。新たに停車前13km/h以下から働くアイドリングストップ機構、オートストップ&ゴー(AS&G)も上級グレードに採用された。AS&G装着のFFモデルは、軽トールワゴンではトップとなるJC08モード燃費29.2km/Lを実現した。ターボ仕様(FF)は23.4km/Lとなる。

価格は、NAエンジン+2WDを採用するekワゴンのエントリーモデル「E」の105万円から、ターボエンジン+4WDを採用するeKカスタムの最上級グレード「T」の154万6000円まで。

軽自動車の枠を越える上質感を追求したエクステリア

軽自動車の枠を越える上質感を追求したエクステリア

広がり感、柔らかさが演出されたインストルメントパネル

広がり感、柔らかさが演出されたインストルメントパネル

シートデザインを見直し居住性が大幅に向上

シートデザインを見直し居住性が大幅に向上

大型メッキグリルがたくましい印象のeKカスタム

大型メッキグリルがたくましい印象のeKカスタム

グレードeKワゴン EeKワゴン GeKカスタム GeKカスタム T
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1620
ホイールベース(mm)2430
車両重量(kg)820880830900
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)659
最高出力[kW(ps)rpm]36(49)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]59(6.0)/500056(5.7)/550098(10.0)/3000
JC08モード燃費(km/L)25.826.029.222.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)105.0133.5136.8154.6
■発表日:平成25年6月6日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027