新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 3シリーズ グランツーリスモ【新型車】 / navi

クルマニュース

BMW 3シリーズ グランツーリスモ【新型車】 / navi

(2013/06/11)

BMW 3シリーズ グランツーリスモ【新型車】|ニューモデル速報

BMWの中核モデルである3シリーズに、新たなボディバリエーションとなる3シリーズ グランツーリスモが加わった

3シリーズに追加された新たなモデル

エレガントかつダイナミックなエクステリア

エクステリアは、3シリーズの一員であることを明確に示すと共に、クーペのようにエレガントなスタイルとなった。ロングホイールベースなどのBMW特有のプロポーションはそのままに、後方に向かって下降するルーフラインが伸びやかなシルエットを描いている。

一番の特徴はハッチバックのボディ。利便性も高く、大きなテールゲート開口部と標準装備の「オートマチックテールゲートオペレーション」により、かさばる荷物も容易に積め込める。また、「スマートオープナー機能」により、荷物で両手がふさがった状態でも足元の操作でテールゲートを開けることが可能だ。肝心のラゲージルームは520Lという大容量で、リアシートのバックレストを畳めば最大1600Lまで拡大できる。

3シリーズツーリング比で、全長は20cm、ホイールベースは11cm、全高も5cm拡大されており、居住性も向上している。特に、後席は3シリーズツーリングからレッグスペースが約7cm拡大され、大人3名が快適に過ごせるようになった。

3シリーズセダンやツーリングと同様に、「Sport」「Modern」「Luxury」の3モデルに加え、「M Sport(2013年秋から納車開始予定)」がラインナップされたこともトピックスだ。内外装にそれぞれのコンセプトに合った装備を採用することで、ユーザーの嗜好に沿って選ぶことができる。

注目のM Sportには、力強いスタイリングを強調するMエアロダイナミクスパッケージや、よりシャープなドライビングを可能にするMスポーツサスペンションなど、BMWのハイパフォーマンスモデルであるMモデルを手掛けるBMW M社による専用装備が与えられる。

出力の違う2Lエンジン2種類と3Lエンジンを用意

エンジンは、最高出力184ps/最大トルク270N・m、同245ps/350N・mという出力の異なる2種類の2L直4と、同306ps/400N・mを発生する3L直6の計3つを用意。いずれも直噴技術やツインパワーターボなどの最新技術を備え、優れた環境性能と動力性能を両立した。組み合わされるミッションは高効率な8速ATとなる。

BMW独自の環境思想である「EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」に基づいた高い環境性能も与えられている。アイドリングストップ機構である「エンジンオートスタート/ストップ機能」や、ホイール周辺で発生する乱気流を抑え空気抵抗を減らす「エア・ブリーザー」、車速に応じて自動的に上昇/格納して最適なダウンフォースを確保する「アクティブ・リア・スポイラー」など、空力も加味した環境技術が組み込まれた。

これらの技術を採用することで、184psの2Lエンジン車のJC08モード燃費は15.0km/Lを実現。他モデルの燃費性能も高く、全モデルがエコカー減税の対象となった。

価格は、184psの2Lエンジン採用車でエントリーモデルにあたる「320i グランツーリスモ」の494万円から、3Lエンジンの「335i グランツーリスモ M Sport」の776万円までとなる。

クーペのようなルーフラインがエレガントさとダイナミックさを演出

クーペのようなルーフラインがエレガントさとダイナミックさを演出

インテリアは3シリーズセダン、ツーリングに準じたデザインを採用

インテリアは3シリーズセダン、ツーリングに準じたデザインを採用

大きなハッチゲートを採用し、ラゲージスペースは520Lの大容量を確保

大きなハッチゲートを採用し、ラゲージスペースは520Lの大容量を確保

グレード320iグランツーリスモ328iグランツーリスモ Sport / Modern / Luxury335iグランツーリスモ M Sport
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4825×1830×15104825×1830×1500
ホイールベース(mm)2920
車両重量(kg)166016901740
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ直6DOHC+ターボ
総排気量(cc)19972979
最高出力[kW(ps)rpm]135(184)/5000180(245)/5000225(306)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]270(27.5)/1250-4500350(35.7)/1250-4800400(40.8)/1200-5000
JC08モード燃費(km/L)15.014.712.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)494.0619.0776.0
■発表日:平成25年6月4日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027