新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ スペーシア カスタム【追加モデル】 / navi

クルマニュース

スズキ スペーシア カスタム【追加モデル】 / navi

(2013/06/12)

スズキ スペーシア カスタム【追加モデル】|ニューモデル速報

「広くて便利、軽くて低燃費」という2本柱で人気のハイト系軽ワゴン スペーシアに、専用デザインを採用し装備を充実させたスペーシア カスタムが追加された

上質感と力強さを兼ね備えたもうひとつのスペーシア

存在感のあるデザインを採用

スペーシア カスタムでは、ノーマルモデルの魅力をそのままに存在感のあるデザインを採用。機能や装備が充実しており、従来の子育てファミリー層だけでなく、今まで乗っていた車よりも小さな車に乗り換える「ダウンサイザー」や、カスタム志向のユーザーなどもターゲットとしている。

エクステリアは精悍な印象となった。ディスチャージヘッドランプとリング状のLEDポジションランプは、鋭い眼光をイメージさせる。LEDのイルミネーションを採用したスケルトンのフロントグリルは、力強い表情を作りだしている。リアコンビランプはスモークタイプのクリアレンズで高級感をアピール。さらに、ルーフエンドスポイラーやエアロバンパーなどのスポーティな装備も与えられた。

インテリアでは、ブラック基調のインパネとドアトリムを採用。オーディオガーニッシュなどをピアノブラック調にすることで上質さが演出された。また、スピードメーターやインサイドドアハンドルなどにシルバー加飾を加えて黒とのコントラストを強めることで、ノーマルモデルとはひと味違う雰囲気が演出されている。

カスタムならではの充実した装備

カスタムならではの専用装備も用意されている。解錠時のハザードランプの点滅に加え、LEDポジションランプとLEDイルミネーションが15秒間点灯する「アンサーバック機能」を採用。上級グレードには、照明付の運転席および助手席バニティーミラーが装備される。

さらに、フロントスタビライザーやフロントベンチレーテッドディスクブレーキも採用されるなど、内容が充実したモデルとなった。

NAとターボともに高い環境性能を誇る

エンジンは660ccのNAとターボ。いずれもノーマルモデルと同様に「スズキグリーンテクノロジー」を採用し、高い燃費性能を実現している。2WDのJC08モード燃費はNA車で27.8km/L、ターボ車で26.0km/Lを達成し、全モデルがエコカー減税の対象となっている。モデルバリエーションは装備の違いによる3タイプが用意された。

価格は、NAエンジンで2WDを採用するエントリーモデル「GS」の141万2250円から、ターボエンジン+4WDの最上級グレード「TS」の174万5100円までとなる。

エクステリアにはエアロパーツなどの専用装備が与えられる

エクステリアにはエアロパーツなどの専用装備が与えられる

黒とシルバーのコントラストで上質感がただよう印象的なインパネまわり

黒とシルバーのコントラストで上質感がただよう印象的なインパネまわり

居住性やユーティリティ性、燃費性能はノーマルモデル譲り

居住性やユーティリティ性、燃費性能はノーマルモデル譲り

グレードGSXSTS
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17353395×1475×1740
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)860920950
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)27.826.825.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)141.225161.91174.51
■発表日:平成25年6月12日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027