新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ アルトラパン ショコラ【追加モデル】 / navi

クルマニュース

スズキ アルトラパン ショコラ【追加モデル】 / navi

(2013/06/19)

スズキ アルトラパン ショコラ 【追加モデル】|ニューモデル速報

ファンシーなセダン型軽自動車として人気の高いスズキ アルトラパンに、かわいさを追求したショコラが追加された

女子力あがるフェミニンなラパンを追加

コンセプトは一目で好きになるラパン

アルトラパン ショコラは、「女性の心をつかむには、多様化するファッションと同様に、車のデザインも様々な選択肢が必要だ」という発想のもと開発された。コンセプトからデザインのディテールに至るまで女性の意見を余すことなく反映。フェミニンな雰囲気を好むユーザーをターゲットとしているという。

フェミニンでかわいい専用デザインを採用

内外装ともにショコラ専用のデザインが与えられている。エクステリアでは、ディスチャージヘッドランプとターンランプ、ポジションランプを組み合わせた丸目のヘッドランプが愛嬌のある表情を演出。フロントグリルは独自のメッキパーツを採用している。リアコンビランプも専用のクリアレンズを装備している。エンブレムは、車名でもあるチョコレート(ショコラ)をウサギ(ラパン)がかじったようなシルエットとなっている。

インテリアは、チョコレートのような深みのあるブラウンを基調に、アイボリーと赤の3色でコーディネイト。スイーツを思わせる色調となった。インパネは、アイボリーに赤色の縁取りが施され、色のコントラストで魅せるデザインとなっている。シートも同様の色彩でインテリア全体に統一感がある。

メーター内のマルチインフォメーションディスプレイにも遊び心が満載だ。ウサギのアニメーションがエコドライブ度を採点する「エコスコア」を採用した。オプションでスマートフォン連携ナビも用意される。このナビにスマートフォンを有線接続することで、ディスプレイからスマートフォン内のアプリを操作することができる。

高い燃費性能を実現、かわいい上にかしこいラパン

エンジンは660ccの直3DOHCで、アイドリングストップを全モデルに採用。FFモデルはJC08モード燃費26.0km/Lを実現している。

モデルバリエーションは装備の違いによる2グレード。上級のXでは、フロントドアに赤外線(IR)と99%の紫外線(UV)をカットして直射日光のジリジリ感を抑えるプレミアムUV+IRカットガラスが標準装備される。

価格は、エントリーモデル「G」が129万1500円。上級グレード「X」は149万1000円となる。

前後の燈火類をはじめフェミニンなデザインが与えられる

前後のライト類をはじめフェミニンなデザインが与えられる

室内はアイボリー、ブラウン、レッドでコーディネイト

室内はアイボリー、ブラウン、レッドでコーディネイト

シートにはソファを思わせる立体的なレザー調表革を採用

シートにはソファを思わせる立体的なレザー調表革を採用

グレードGX
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×15153395×1475×1525
ホイールベース(mm)2400
車両重量(kg)800850
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]40(54)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/3500
JC08モード燃費(km/L)26.025.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)129.15149.1
■発表日:平成25年6月19日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027