新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル XVハイブリッド【新型車】 / navi

クルマニュース

スバル XVハイブリッド【新型車】 / navi

(2013/06/24)

スバル XVハイブリッド【新型車】|ニューモデル速報

都市型SUVとして人気のスバル XVにフラッグシップモデルとなるXV ハイブリッドが設定された。独自のシンメトリカルAWDシステムにモーターを組み合わせたスバル初のハイブリッドモデルとなる

スバル初のハイブリッドシステムを採用したSUV

独自の低重心、優れた重量配分はそのままにハイブリッド化

スバル初のハイブリッドシステムは、スバルらしい「Fun to Driveを実感できるハイブリッド」を目指して開発された。モーターをエンジンのアシストとして効果的に用いることで、楽しい走りとJC08モード20.0km/Lの低燃費を両立した。

低い重心高、優れた重量配分が特徴であるスバル独自の「シンメトリカルAWDレイアウト」を生かしつつモーターやバッテリーを配置することで、高い運動性能が実現されている。

エンジンは、摩擦抵抗を徹底的に低減したハイブリッド専用ユニットを採用している。リニアトロニックCVTをベースにしたトランスミッションは、ハイブリッド用の駆動モーターと一体化された専用品。これによりエンジン走行時やハイブリッド走行時はもちろん、低速域でのEV走行時でも4WD走行が可能だ。

また、バッテリーなどの重量部品をラゲージの下に集中配置することで、車両の前後左右の重量配分や重心高はノーマルのXV 2L車と変わらないレベルとなっている。

ハイブリッド専用の内外装も与えられる

エクステリアは、ノーマルモデルのスポーティさにハイブリッドの先進性を加えたデザインとなった。ヘッドランプは、ポジションランプにクリアブルーのインナーレンズとホワイトバルブを採用している。さらに、空力性能に優れた新デザインのアルミホイールが与えられ、ボディカラーもハイブリッド専用色の「プラズマグリーンパール」が加わっている。

インテリアは、シルバーとブラックのツートンカラーとなり質感が向上。トップグレードにふさわしいデザインとなった。また、ハイブリッドらしい先進性や立体感を感じさせる専用ブルーメーターも与えられている。

シャーシは細部まで作りこまれ、前後サスペンションにフリクションコントロールダンパーを採用し、遮音材と吸音材を追加することで、乗り心地や静粛性が強化されている。また、大型のフロアアンダーカバーを採用し、空力性能も向上している。

装備の違いによる3モデルを用意

グレードは装備の違いによる3種類が用意された。パワートレインは、前述のハイブリッド専用2Lエンジン+CVTの1種類。最上級モデルはスバル独自の運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を標準装備。「全車速追従機能付きクルーズコントロール」作動時に、EV走行を最大限活用して燃費を向上させるハイブリッド専用のシステムだ。

価格は、エントリーモデルの「ハイブリッド 2.0i」が249万9000円、最上級モデルの「ハイブリッド 2.0i-L EyeSight」が278万2500円となる。

シルバーとブラックで構成されるインテリア。専用のブルーライトメーターなどでハイブリッドらしさも演出されている

シルバーとブラックで構成されるインテリア。専用のブルーライトメーターなどでハイブリッドらしさも演出されている

XVシリーズのフラッグシップらしい質感の室内。専用に作りこまれたシャーシと遮音材と吸音材の追加で静粛性も向上している

XVシリーズのフラッグシップらしい質感の室内。専用に作りこまれたシャーシと遮音材と吸音材の追加で静粛性も向上している

バッテリーなどの重量がかさむハイブリッドシステムをラゲージ周辺に集中配置することで重量バランスも最適化

バッテリーなどの重量がかさむハイブリッドシステムをラゲージ周辺に集中配置することで重量バランスも最適化

スバル XVハイブリッドを動画でチェック!
グレードハイブリッド2.0iハイブリッド2.0i-Lハイブリッド2.0i-L EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4450×1780×1550
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)15001510
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC+モーター
総排気量(cc)1995
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6000+10(13.6)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4200+65(6.6)
JC08モード燃費(km/L)20.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/52
車両本体価格(万円)249.9267.75278.25
■発表日:平成25年6月24日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027