新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 マーチ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 マーチ【マイナーチェンジ】 / navi

(2013/06/24)

日産 マーチ 【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

タイ生産に切り替わって話題を呼んだ日産のエントリーモデル、マーチが内外装の質感を向上し、マイナーチェンジした

内外装の質感を向上、ホットハッチのNISMOを追加設定

クロームを多用し質感を向上

現行モデルの魅力であるクラストップレベルの低燃費や運転しやすさ、使い勝手のよい装備などはそのままに、内外装のデザインを中心に手が加えられた。

エクステリアでは、フロントグリルにV字のメッキを加飾。ヘッドランプにもアクセントとしてクロームが追加された。バンパーやロアグリルのデザインも変更され、フロントフェイスのイメージが刷新されている。さらに、ハイマウントストップランプをLED化するなど、より個性的になった。新色となるナデシコピンク、オリーブゴールドなどを含む全9色がラインナップされている。

インテリアでは、センタークラスターのデザインが大きく変更された。シート地に新パターンのトリコットクロスを採用。上級グレード(G、G FOUR)では、スエード調クロスをエンボス加工し柔らかな手触りになった。あわせてスピードメーターの周りにクロームリングを配置、エアコンセンター吹き出し口やシフトノブにもメッキが加飾され、華やかな印象になった。さらにオプションで、ピアノ調のセンタークラスターフィニッシャーとオゾンセーフセルフエアコンが設定されている。

ホットハッチのNISMOを追加設定

モデルバリエーションでは、ノーマルモデルだけでなく、オーテックジャパンによるエレガントさを強調したボレロや、福祉仕様のアンシャンテ助手席回転シートをラインナップ。さらに、NISMOモデルも追加された。マーチの低燃費をそのままに空力とデザインが磨かれた「NISMO」と、スポーツドライビング志向の強いユーザー向けの「NISMO S」の2モデルが用意されている。

前者は1.2LエンジンとエクストロニックCVTというノーマルモデルのパワートレイン(アイドリングストップ機構を装備)を踏襲。後者は1.5Lエンジンと5速MTを組み合わせ、車体の剛性もあげた硬派な仕様となる。いずれのモデルも専用サスペンションが与えられ、優れたハンドリングと俊敏性を兼ね備えている。

価格は、2WDのエントリーモデル「S」の104万2650円から、4WDの最上級グレード「G FOUR」の159万750円まで。エントリーモデルは若干値上がり、最上級モデルは逆に値下げとなった。注目のNISMOは、「NISMO」が154万350円、「NISMO S」は177万300円となる。

センタークラスターのデザインを刷新。メーターまわりからシフトノブまでクロームやメッキ系の加飾を施し大幅に質感が高められた

センタークラスターのデザインを刷新。メーターまわりからシフトノブまでクロームやメッキ系の加飾を施し大幅に質感が高められた

シート地に新パターンのトリコットクロスを採用。上級グレードはエンボス加工された柔らかな手触りのスエード調シートとなる

シート地に新パターンのトリコットクロスを採用。上級グレードはエンボス加工された柔らかな手触りのスエード調シートとなる

新たに追加されたマーチNISMO。スポーティな内外装とあわせ専用サスペンションが与えられ、優れたハンドリングと俊敏性を兼ね備える

新たに追加されたマーチNISMO。スポーティな内外装とあわせ専用サスペンションが与えられ、優れたハンドリングと俊敏性を兼ね備える

グレードSG FOURNISMO S
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT5MT
全長×全幅×全高(mm)3825×1665×15153825×1665×15253870×1690×1495
ホイールベース(mm)2450
車両重量(kg)94010401010
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC直4DOHC
総排気量(cc)11981498
最高出力[kW(ps)rpm]58(79)/600085(116)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]106(10.8)/4400156(15.9)/3600
JC08モード燃費(km/L)21.418.4-
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/41プレミアム/41
車両本体価格(万円)104.265159.075177.03
■発表日:平成25年6月24日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027