新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォード クーガ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

フォード クーガ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/06/25)

フォード クーガ

フォードのコンパクトSUVであるクーガが2013年9月にフルモデルチェンジした。2013年4月に日本でデビューしたフォーカスと同様の、ワンフォード戦略による世界戦略車だ

パワートレイン、内外装すべてを刷新した2代目

グリーンエンジンの1.6Lエコブーストを採用

新型はSUVとして格段に進化した。パワートレインには、フォードがグローバル展開するグリーンエンジンの1.6Lエコブーストを採用。トランスミッションはセレクトシフト付の6速ATとなる。182psという高出力でありながらも、燃費性能は従来型(2.5L 5気筒エンジン+5速AT)と比べ20%超も向上し、JC08モード9.5km/Lを達成した。

エコブーストはフォードのグリーンエンジンの中核となるシリーズだ。日本では2012年に2Lのエコブーストを搭載したエクスプローラーが投入され話題を集めた。クーガ用の1.6Lエコブーストは、直噴(高圧燃料噴射)、Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)にターボを組み合わせたもの。それらを統合制御し、より小さいエンジンで必要なパワーを取り出すことで燃費性能を向上しCO2排出量を抑えた。

駆動システムは新設計のインテリジェントAWDを採用。25種類のセンサーが速度、ステアリング舵角、路面状況などを読み取り、最適なトルクを前後間で自動的に配分。オフロードの走破性だけでなく、オンロードでのアンダーステアやオーバーステアを補正して、ハンドリングとトラクションを最適化する。

ほかにも、走行時、アクセルペダルを戻したときなどに燃料供給をカットする「ADFSO(Aggressive Deceleration Fuel Shut-Off:減速時燃料遮断機構)」や、コーナリング時の安定性と敏しょう性を高める最新の「トルクベクタリングコントロール」などが装備される。

フォード独自のキネティックデザインはさらに進化

デザインは、フォード独自の「キネティックデザイン」を踏襲。優れたドライビングダイナミクスをデザインに反映させ、車をより視覚的にアピールする。

エクステリアでは、上下に2分割された台形グリルと鋭い眼光を思わせるヘッドライトによって、フロントマスクがシャープになった。フェンダーアーチから下部に樹脂製プロテクターを装着し、タイヤがしっかりと踏ん張るSUVらしいイメージが強調されている。旧型と比べ全幅と全高が1cm短くなったが、全長は9.5cm伸びてスポーティなフォルムとなっている。

インテリアは航空機のようなコックピットスタイルを採用。優れたドライビングダイナミクスを表現しつつも、車との一体感を高め運転を楽しめるよう設計されている。

シートは、新しいグローバル・シートをクーガで初採用、快適さが向上した。シート中央に乗員の身体が自然にフィットするように、シートバックがV字に近い型となっており、体型を問わず適正な着座位置となる。結果、ステアリングホイールとドライバーの位置関係も適正化されるという。あわせて燃費改善のため、従来のシートと比べ約10%も軽量化されている。

装備の違いによる2モデルを用意

モデルバリエーションは装備の違いによる2モデルが用意される。ベーシックグレードにあたる「トレンド」にも高い安全性能が与えられており、ESPにARM(アンチ・ロールオーバー・ミディケーション)が組み込まれ、車両横転の危険を感知すると速度を落とし車体のロールを抑え、横転の危険性を低減する。

上級グレードの「タイタニアム」では、フォード独自のRSC(ロール・スタビリティ・コントロール)付きのAdvanceTrac(アドバンストラック)が採用されている。アドバンストラックとは、ABS、トラクションコントロールなどを統合的に制御し姿勢を安定させるセーフティシステムだ。

ほかにも「アクティブシティストップ」も採用される。前方の車をレーザーで検知し、衝突の危険が迫ってもドライバーが回避操作をしない場合に自動的にブレーキをかける。車両間の相対速度差が時速15km未満の場合は追突を回避。速度差が時速15~30kmでは衝突のダメージを軽減する。

さらに、「ハンズフリー・パワーリフトゲート」を装備。リアバンパー中央と下側の2ヵ所に配置されたセンサーがキーを携帯した人のすねと脚先の動きを検知し、テールゲートを自動で開閉する。

価格は、ベーシックグレードの「トレンド」が340万円。上級グレードの「タイタニアム」は385万円となる。

上級グレードのタイタニアムは、利便性の高いハンズフリー・パワーリフトゲートを装備

上級グレードのタイタニアムは、利便性の高いハンズフリー・パワーリフトゲートを装備

フォードのグリーンエンジンである直噴ターボユニット、1.6Lエコブーストが搭載された

フォードのグリーンエンジンである直噴ターボユニット、1.6Lエコブーストが搭載された

グレードトレンドタイタニアム
駆動方式4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4540×1840×1705
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)16901720
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1595
最高出力[kW(ps)rpm]134(182)/5700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1600-5000
JC08モード燃費(km/L)9.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/60
車両本体価格(万円)340.0385.0
■発表日:平成25年6月18日 ■取り扱い:フォード販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027