新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン DS3カブリオ【新型車】 / navi

クルマニュース

シトロエン DS3カブリオ【新型車】 / navi

(2013/06/25)

シトロエン DS3カブリオ【新型車】|ニューモデル速報

シトロエンが「既存の車にない新しい価値観を大胆な発想で創造していこう」という思いを込めたDSラインのコンパクトハッチバックであるDS3に、電動ソフトトップを備えたオープンエアモデルのDS3カブリオが導入された

電動ソフトトップを備えた5シーターオープン

DS3らしさはそのままにオープントップ化を実現

DS3カブリオの特徴は2つある。ひとつはベースとなるDS3の独創的なスタイリングとスポーティな走行性能をそのままに、日常的にオープンエアを楽しめること。もうひとつは、レザーシートやHiFiオーディオ、フルLEDインテリアランプなどの装備が充実したことだ。

エクステリアは、電動ソフトトップを装備しながらも、DS3のハッチバックフォルムを受け継いでいる。DS3の特徴であるツートンカラーのボディや、フローティングルーフ、シャークフィンデザインと呼ばれるBピラーなども踏襲されている。

新たに採用されたのは3D・LEDコンビネーションランプと呼ばれるリアコンビランプ。45個のLEDによる立体感のある独特な光を放ち、リアビューの個性を表現している。

気軽にオープンエアを楽しめる電動ルーフ

電動オープンルーフは、上部のみがオープンするセミオープンと、リアウインドウが畳まれるフルオープンの2ポジションだけでなく、任意の位置で止めることもできる。ルーフの開閉にかかる時間はわずか16秒。時速120km(フランス本国テストデータ)での走行中でも開閉可能だ。

ルーフオープン時には風の巻き込みを抑えるディフレクターネットが立ち上がる。ルーフキャンバスは最高級の素材と技術で作りこまれており、アクリル、ゴム、ポリエステルの3層構造にアクリル織りの裏地が加えられている。また、ルーフを閉じた状態ではクローズドボディのDS3と同等の遮音性が確保されている。

クラス初の5シーターオープン

フルオープン時でも大人5人がくつろげるクラス初の5シーターオープンモデルであり、室内スペースはDS3と同様にクラス最高レベル。ラゲージスペースも、フルオープン時でも230Lというクラス最大級の容量を確保している。

パワートレインはDS3のスポーティ仕様である「スポーツシック」に準じたもので、最高出力156ps/最大トルク240N・mを発生する1.6Lツインスクロールターボエンジンと6速MTの組み合わせ。

モノグレード展開で、価格は311万円となる。

2段階設定されるオープンモードのひとつ「セミオープン」。ソフトトップのキャンバスには、DSモノグラム、ブルー・アンフィニ、ブラックの3つが用意された

2段階設定されるオープンモードのひとつ「セミオープン」。ソフトトップのキャンバスには、DSモノグラム、ブルー・アンフィニ、ブラックの3つが用意された

フルオープンモード。ボディカラーはブラン バンキーズ(白)、ノアール ペルラネラ(黒)、ルージュ ルビ(赤)、ジョーヌ ペガス(黄)の4色をラインナップ

フルオープンモード。ボディカラーはブラン バンキーズ(白)、ノアール ペルラネラ(黒)、ルージュ ルビ(赤)、ジョーヌ ペガス(黄)の4色をラインナップ

シートはレーザー・ブルーとレーザー・ブルーミストラルの2種類を用意。ダッシュボードパネルも3色ラインナップされている

シートはレーザー・ブルーとレーザー・ブルーミストラルの2種類を用意。ダッシュボードパネルも3色ラインナップされている

グレードDS3カブリオ
駆動方式FF
トランスミッション6MT
全長×全幅×全高(mm)3965×1715×1460
ホイールベース(mm)2455
車両重量(kg)1210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[kW(ps)rpm]115(156)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]240(24.5)/1400-3500
JC08モード燃費(km/L)13.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)311.0
■発表日:平成25年6月18日 ■取り扱い:シトロエン正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027