新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ フレアワゴン カスタムスタイル【追加モデル】 / navi

クルマニュース

マツダ フレアワゴン カスタムスタイル【追加モデル】 / navi

(2013/06/26)

マツダ フレアワゴン カスタムスタイル【追加モデル】|ニューモデル速報

マツダの軽ハイトワゴン、フレアワゴンの内外装デザインをスタイリッシュにした「カスタムスタイル」が投入された。スズキ スペーシアカスタムのOEMモデルに当たる

スタイリッシュさを追求したフレアワゴン

スポーティな外観と質感の高いインテリア

エクステリアは、LEDイルミネーション付きのフロントグリルやフォグランプ付きフロントバンパー、新デザインのアルミホイールなどを採用しスタイリッシュなデザインとなった。ボディカラーには専用色の「ルナグレーパールメタリック」、「フェニックスレッドパール」、「ミステリアスバイオレットパール」や、新色の「クールカーキーパールメタリック」など6色がラインナップされている。

インテリアは、黒を基調にシルバーやピアノブラックを加飾。本革巻ステアリングを標準採用するなど、質感も向上している。快適装備も充実した。後席両側の窓に暑さや眩しさを和らげる「ロールサンシェード」を、運転席および助手席に照明付きバニティミラーを装備。さらに、小物収納に便利な「フロントドアミドルポケット」、箱型ティッシュを格納できる「インパネトレイ(助手席側)」など、収納スペースが豊富で使い勝手も良い。

電動スライドドアなど各種機能も充実!

その他の装備も充実している。解錠時のハザードランプ点滅に加え、LEDポジションランプとLEDイルミネーションが約15秒間点灯する「アンサーバック機能付きアドバンストキーレスエントリー」や、オートライト機能付きのディスチャージヘッドランプなどが標準装備された。

ワンアクション電動スライドドア(挟み込み防止機構付き)も採用されている。「カスタムスタイル XS」では後席左側に、「カスタムスタイル XT」では後席両側に備えられた。

また、全車にオプションで昭文社の「マップルナビ」を搭載したスマートフォン連携ナビゲーションシステムが設定された。

高い燃費性能を実現

ベースとなるスペーシアカスタムと同様に燃費性能が高いのもトピックだ。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」や、13km/h以下に減速するとエンジンが停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ中の送風を蓄冷材で冷やし室温上昇を抑える「エコクール」などを採用し、JC08モードで27.8km/L(NA・2WD車)という低燃費を実現している。

エンジンは660ccのNAとターボ。組み合わされるトランスミッションは副変速機構付CVTとなる。駆動方式は2WDと4WDの選択が可能で、全車がエコカー減税の対象となっている。

価格は、NAエンジン+2WDの「カスタムスタイルXS」の151万2000円から、ターボエンジン+4WDの「カスタムスタイルXT」の175万5600円まで。発売は2013年7月18日から。

専用デザインの内外装によりスポーティでスタイリッシュに仕立てられたフレアワゴン カスタムスタイル

専用デザインの内外装によりスポーティでスタイリッシュに仕立てられたフレアワゴン カスタムスタイル

ベースとなるのはOEM元であるスズキのスペーシアカスタム。高い燃費性能やユーティリティ性をそのまま受け継いでいる

ベースとなるのはOEM元であるスズキのスペーシアカスタム。高い燃費性能やユーティリティ性をそのまま受け継いでいる

グレードXSXT
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17353395×1475×17403395×1475×17353395×1475×1740
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)870920900950
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)27.826.826.025.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)151.2162.96163.8175.56
■発表日:平成25年6月20日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027