新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【フォトレポート】日産 デイズ & 三菱 eKワゴン 違いをチェック! / navi

クルマニュース

【フォトレポート】日産 デイズ & 三菱 eKワゴン 違いをチェック! / navi

(2013/07/01)

日産 デイズと三菱 eKワゴン 【ニューモデル比較】|ニューモデル速報

6月6日に発売された日産デイズと三菱eKワゴン。両車の基本的なスペックは同じだが、デザインは異なっている。デイズハイウィスターとeKカスタムという個性的なモデルも登場し、「どれを買おうか迷っている」という方も多いのでは? そこで、デザイン上どこが同じで、どこが違うのかを比べてみよう。

細部のデザインを変えることで、それぞれの特色が表現されている

【eKワゴン】グリルはメッキ加工された2本のフィンタイプ。ヘッドライトの内部が塗装されており、丸みを帯びた目つきに見えるよう演出されている

【eKワゴン】グリルはメッキ加工された2本のフィンタイプ。ヘッドライトの内部が塗装されており、丸みを帯びた目つきに見えるよう演出されている

【eKワゴン】リアのデサインはデイズとほとんど同じ。カラーラインナップも同様だ。三菱と日産で色の名称は違っても、選べる色に違いはない

【eKワゴン】リアのデザインはデイズとほとんど同じ。カラーラインナップも同様だ。三菱と日産で色の名称は違っても、選べる色に違いはない

【eKワゴン】シート表革の色はアイボリー。シートの形、シートアレンジはデイズと共通となる

【eKワゴン】シート表革の色はアイボリー。シートの形、シートアレンジはデイズと共通となる

【eKワゴン】インストルメントパネル中央のエアコン操作盤は、他のどの軽自動車とも異なるタッチパネル式を採用。これもデイズと共通のデザインだ

【eKワゴン】インストルメントパネル中央のエアコン操作盤は、他のどの軽自動車とも異なるタッチパネル式を採用。これもデイズと共通のデザインだ

【eKカスタム】太い2本のメッキグリルをもつ。フォグランプが装備されており、サイドの縦のラインが強調されているのがアクセント

【eKカスタム】太い2本のメッキグリルをもつ。フォグランプが装備されており、サイドの縦のラインが強調されているのがアクセント

【eKカスタム】eKカスタムにはタコメーターが装備される。メーターパネルのバックライトが青色になりインパネは黒基調となる

【eKカスタム】eKカスタムにはタコメーターが装備される。メーターパネルのバックライトが青色になりインパネは黒基調となる

【デイズ】グリルはブラックに塗装された網目模様。ヘッドライトレンズの内部までメッキ加工され、グリル下部からのつながりが強調されている

【デイズ】グリルはブラックに塗装された網目模様。ヘッドライトレンズの内部までメッキ加工され、グリル下部からのつながりが強調されている

【デイズ】日産のエコカーに付く「PURE DRIVE」バッジ(バックドア右下)が数少ない相違点。ホイールデザインもeKワゴンとは異なる

【デイズ】日産のエコカーに付く「PURE DRIVE」バッジ(バックドア右下)が数少ない相違点。ホイールデザインもeKワゴンとは異なる

【デイズ】eKワゴンとは微妙に違うシート表革の色。非常に似た色を採用しており一見して見分けるのは難しい

【デイズ】eKワゴンとは微妙に違うシート表革の色。非常に似た色を採用しており一見して見分けるのは難しい

【デイズ】明るいアイボリーを配したインパネ。eKワゴンとの違いはステアリング中央の三菱マークと日産マークだけ

【デイズ】明るいアイボリーを配したインパネ。eKワゴンとの違いはステアリング中央の三菱マークと日産マークだけ

【デイズハイウェイスター】3本のメッキグリルを採用。8本スポークのホイールを装備し、スポークが「八」の字に広がっているように見えるのが特徴

【デイズハイウェイスター】3本のメッキグリルを採用。8本スポークのホイールを装備し、スポークが「八」の字に広がっているように見えるのが特徴

【デイズハイウェイスター】インパネはeKカスタムとほぼ同じで黒基調にシルバーの配色がなされている

【デイズハイウェイスター】インパネはeKカスタムとほぼ同じで黒基調にシルバーの配色がなされている

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027