新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/08/06)

ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

ルノーのコンパクトハッチバックであるルーテシアがフルモデルチェンジ。ルノーの新デザインコンセプトを採用した意欲作だ

ルノーデザインルネッサンスを実現化したコンパクトハッチバック

新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用

新型ルーテシアは、ルノーのデザインを担当するローレンス・ヴァン・デン・アッカーによる新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」のもとで開発された初めての市販車となる。

「サイクル・オブ・ライフ」は6つのライフステージをひとつのサイクルと考え、それぞれに合ったコンセプトモデルを順次提案するという戦略だ。「人と人が出会い恋に落ち(LOVE)、ふたりは世界中を旅し(EXPLORE)、家族を持ち(FAMILY)、働いて充足し(WORK)、余暇を楽しみ(PLAY)、そして賢さを得る(WISDOM)」というのが、ルノーが提唱するライフサイクルだ。

ルーテシアは、その中の「LOVE」をテーマに作られたコンセプトカー「デジール」がベース。そのコンセプトを引き継ぎ、情熱的なデザインが採用されている。大きなルノーロゴが配されたラジエターグリルや、クロームで仕上げられたヘッドライトユニットによって、個性的なフロントフェイスとなった。また、リアドアのハンドルをサッシ(窓枠)に隠することで5ドアでありながら3ドアのようなスポーティな雰囲気を演出している。

モダンで親しみやすいインテリア

インテリアには、クロームリングで囲まれたタコメーターと燃料計を、楕円形のスピードメーターがつなぐ近未来的なデザインが採用された。センターコンソールはブリリアントブラックに塗装され、薄型パネルがダッシュパネルから浮かんでいるように見える「フローティングデザイン」となった。

2つのセットオプションで自分だけの1台にカスタマイズできることもトピックだ。ひとつは全グレードに付けられる「パックデザイン」。ステアリングホイール、エアコン送風口フィニッシャーなどの色が選択できる。もうひとつは最上級グレードのインテンスにのみ付けられる「パッククルール」。7色のボディカラー、4色の内装カラー、4色のホイールカラーを組み合わせられる。

新開発のパワーユニットにより高い走行性能と環境性能を実現

エンジンは最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する新開発の1.2L直噴ターボ。このダウンサイジングユニットには、可動式電動オイルポンプをはじめとする低燃費デバイスや、バッテリー回生機構、バッテリーからの電源供給を増やしエンジンの負荷を軽減する「エナジースマートマネジメント(ESM)」なども搭載される。

組み合わされるトランスミッションは、エンジン同様に新開発の6速ツインクラッチミッション「エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)」を採用。燃料消費を抑える一方で、素早い変速操作が可能だ。さらに、走行モードにECOモードが用意され、燃費性能が向上した。

モデルバリエーションは装備の違いによる3つ。価格は、エントリーモデル「アクティフ」の199万8000円から、最上級グレード「インテンス」の238万円まで。発売は2013年9月24日からとなる。

ルノーの新しいデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初のモデル。テーマはずばり「LOVE」

ルノーの新しいデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初のモデル。テーマはずばり「LOVE」

楕円形のリングでつながれたメーターパネルやフローティングデザインのセンターコンソールなどにより未来感が演出されたインテリア

楕円形のリングでつながれたメーターパネルやフローティングデザインのセンターコンソールなどにより未来感が演出されたインテリア

グレードアクティフゼンインテンス
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4095×1750×1445
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)11901210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1197
最高出力[kW(ps)rpm]88(120)/4900
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]190(19.4)/2000
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/45
車両本体価格(万円)199.8215.0238.0
■発表日:平成25年7月24日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027