新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/08/06)

ルノー ルーテシア【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

ルノーのコンパクトハッチバックであるルーテシアがフルモデルチェンジ。ルノーの新デザインコンセプトを採用した意欲作だ

ルノーデザインルネッサンスを実現化したコンパクトハッチバック

新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」を採用

新型ルーテシアは、ルノーのデザインを担当するローレンス・ヴァン・デン・アッカーによる新しいデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」のもとで開発された初めての市販車となる。

「サイクル・オブ・ライフ」は6つのライフステージをひとつのサイクルと考え、それぞれに合ったコンセプトモデルを順次提案するという戦略だ。「人と人が出会い恋に落ち(LOVE)、ふたりは世界中を旅し(EXPLORE)、家族を持ち(FAMILY)、働いて充足し(WORK)、余暇を楽しみ(PLAY)、そして賢さを得る(WISDOM)」というのが、ルノーが提唱するライフサイクルだ。

ルーテシアは、その中の「LOVE」をテーマに作られたコンセプトカー「デジール」がベース。そのコンセプトを引き継ぎ、情熱的なデザインが採用されている。大きなルノーロゴが配されたラジエターグリルや、クロームで仕上げられたヘッドライトユニットによって、個性的なフロントフェイスとなった。また、リアドアのハンドルをサッシ(窓枠)に隠することで5ドアでありながら3ドアのようなスポーティな雰囲気を演出している。

モダンで親しみやすいインテリア

インテリアには、クロームリングで囲まれたタコメーターと燃料計を、楕円形のスピードメーターがつなぐ近未来的なデザインが採用された。センターコンソールはブリリアントブラックに塗装され、薄型パネルがダッシュパネルから浮かんでいるように見える「フローティングデザイン」となった。

2つのセットオプションで自分だけの1台にカスタマイズできることもトピックだ。ひとつは全グレードに付けられる「パックデザイン」。ステアリングホイール、エアコン送風口フィニッシャーなどの色が選択できる。もうひとつは最上級グレードのインテンスにのみ付けられる「パッククルール」。7色のボディカラー、4色の内装カラー、4色のホイールカラーを組み合わせられる。

新開発のパワーユニットにより高い走行性能と環境性能を実現

エンジンは最高出力120ps/最大トルク190N・mを発生する新開発の1.2L直噴ターボ。このダウンサイジングユニットには、可動式電動オイルポンプをはじめとする低燃費デバイスや、バッテリー回生機構、バッテリーからの電源供給を増やしエンジンの負荷を軽減する「エナジースマートマネジメント(ESM)」なども搭載される。

組み合わされるトランスミッションは、エンジン同様に新開発の6速ツインクラッチミッション「エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)」を採用。燃料消費を抑える一方で、素早い変速操作が可能だ。さらに、走行モードにECOモードが用意され、燃費性能が向上した。

モデルバリエーションは装備の違いによる3つ。価格は、エントリーモデル「アクティフ」の199万8000円から、最上級グレード「インテンス」の238万円まで。発売は2013年9月24日からとなる。

ルノーの新しいデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初のモデル。テーマはずばり「LOVE」

ルノーの新しいデザイン戦略である「サイクル・オブ・ライフ」を採用した初のモデル。テーマはずばり「LOVE」

楕円形のリングでつながれたメーターパネルやフローティングデザインのセンターコンソールなどにより未来感が演出されたインテリア

楕円形のリングでつながれたメーターパネルやフローティングデザインのセンターコンソールなどにより未来感が演出されたインテリア

グレードアクティフゼンインテンス
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4095×1750×1445
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)11901210
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1197
最高出力[kW(ps)rpm]88(120)/4900
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]190(19.4)/2000
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/45
車両本体価格(万円)199.8215.0238.0
■発表日:平成25年7月24日 ■取り扱い:ルノー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027