新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ/AMG CLAクラス【新型車】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ/AMG CLAクラス【新型車】 / navi

(2013/08/07)

メルセデス・ベンツ CLAクラス【新型車】|ニューモデル速報

2004年にデビューしたCLSクラスによって4ドアクーペというカテゴリーを生み出したメルセデス・ベンツが、その弟分ともいえるCLAクラスを日本市場に導入した

CLSに続くコンパクトな4ドアクーペ

スポーティさ、ダイナミックさをまとったデザイン

CLAクラスは、2012年に発表されたコンセプトカー「コンセプトスタイルクーペ」をベースにした4ドアクーペ。エクステリアはスポーティなデザインとなっている。フロントマスクは、斬新なダイヤモンドグリルなどによって力強さを表現。サイドビューは流れるようなルーフラインと3本のキャラクターラインが特徴的だ。リアは独創的なデザインのコンビネーションランプが精悍な印象を与えている。

ボディは空力性能も高く、Cd値0.23を実現。量産車では世界最高水準のエアロダイナミクスを実現し、燃費性能や室内の静粛性にも寄与している。

インテリアでは、長時間の乗車でも疲れにくいヘッドレスト一体型のスポーツシートを全席に採用している。また、本革巻ステアリングや、チューブデザインのメーターパネル、丸型のエアアウトレットなどによってスポーティさを強調。さらに、前後席のヘッドレスト下部やドアアームレストなどにLEDのアンビエントライトを配し、上質さも演出している。

最新式のパワートレインに加え、新開発の4WD機構も用意

エンジンは、最高出力122ps/最大トルク200N・mを発生する1.6Lと、同211ps/350N・mを発生する2Lで、どちらも最新世代の直4直噴ターボだ。組み合わされるトランスミッションは全車とも、パドルによる変速が可能な7速ツインクラッチ方式の7G-DCTとなる。

2LモデルにはFFに加え、新開発の「4MATIC」を採用したモデルも用意される。これは可変トルク配分型フルタイム4WDシステムだ。電動油圧制御式のマルチディスククラッチによって、前後のトルク配分を100:0~50:50に変化させ、操縦性と走行安定性を最適化。エコ/スポーツ/マニュアルの3つのシフトプログラムに連動してトルクをコントロールする。例えば、エコモードでは後輪へのトルクを減らしてエンジン回転数を抑え、エコドライビングに適したトルク配分になる。

安全装備も充実している。前走車との車間距離に応じて警告灯や警告音、さらにアダプティブブレーキアシストを用い事故の防止あるいは被害を軽減するレーダー型衝突警告システム「CPA」や、ドライバーの運転を解析し長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」が標準装備されている。

AMGの手によるハイパフォーマンスモデルも用意

前述のパワートレインを採用するノーマルモデルに加え、AMGのハイパフォーマンスモデル、CLA 45 AMG 4MATICも用意された。こちらは最高出力360ps/最大トルク450N・mを発生する2Lの直4直噴ターボを搭載。0-100km/h加速は4.6秒という高性能だ。また、独自の点火システムであるマルチスパークイグニッションや最新の直噴技術を採用し、燃費性能も高められている。

組み合わされるトランスミッションは、ツインクラッチ式7速のAMGスピードシフトDCT。駆動方式は前述の4MATICとなる。

ほかにもAMGモデルは、専用のスプリング、ショックアブソーバー、スタビライザーからなる「AMGスポーツサスペンション」、強力な制動力を備えた「AMG強化ブレーキシステム」などを採用。室内でも、レッドのコントラストステッチが施された本革シートや、レザーARTICOダッシュボードなど専用装備が与えられている。

価格は、1.6Lエンジンを採用するエントリーモデル「CLA 180」の335万円から、2Lエンジン+4WDの「CLA 250 4MATIC」の484万円まで。AMGによる「CLA 45 AMG 4MATIC」は710万円となる。なお、CLA 250 4MATICとCLA 45 AMG 4MATICは、2013年秋から納車される見込みだ。

デザインは2012年のコンセプトモデル「コンセプトスタイルクーペ」がベース。エクステリアは流麗かつダイナミック

デザインは2012年のコンセプトモデル「コンセプトスタイルクーペ」がベース。エクステリアは流麗かつダイナミック

長時間の乗車でも疲れにくいヘッドレスト一体型スポーツシートを採用。ドライビングに適したフィット感を持ち併せている

長時間の乗車でも疲れにくいヘッドレスト一体型スポーツシートを採用。ドライビングに適したフィット感を持ち併せている

AMGによるハイパフォーマンスモデル「CLA 45 AMG 4MATIC」も用意。内外装はもちろん足回りにも専用パーツを採用

AMGによるハイパフォーマンスモデル「CLA 45 AMG 4MATIC」も用意。内外装はもちろん、サスペンション、ブレーキにも専用パーツを採用

グレードCLA 180CLA 250 4MATICCLA 45 AMG 4MATIC
駆動方式FF4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4640×1780×14304684×1777×1428(欧州参考値)4691×1777×1416(欧州参考値)
ホイールベース(mm)27002699(欧州参考値)
車両重量(kg)1470-
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)15951991
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000155(211)/5500265(360)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1250-4000350(35.7)/1200-4000450(45.9)/2250-5000
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50プレミアム/56
車両本体価格(万円)335.0484.0710.0
■発表日:平成25年7月24日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
3
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
4
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
5
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
6
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
7
keep
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
8
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
9
up
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
10
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027