新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ/カブリオレ【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ/カブリオレ【マイナーチェンジ】 / navi

(2013/08/09)

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ/カブリオレ【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

2013年5月のセダン/ステーションワゴンから約3ヵ月遅れて、メルセデス・ベンツ Eクラスのクーペ/カブリオレがマイナーチェンジした

新世代パワートレインを搭載し安全装備も充実した

新世代のメルセデスデザインを採用

フロントフェイスは、左右に伸びるシルバーのラインが特徴的なフロントグリルや、大型のエアインテークを備えたフロントバンパー、LEDハイパフォーマンスヘッドライトなどを採用し、大幅に変更された。また、リアも新デザインのLEDコンビネーションランプやクロームトリムなどが装備され、力強さが表現されている。

サイドビューも印象的だ。クーペは滑らかなルーフラインとシャープなキャラクターラインで存在感をアピール。カブリオレはスタイリッシュなフォルムにソフトトップならではの優雅さを加えたプロポーションが魅力となっている。

インテリアは新デザインのセンターコンソールを採用。さらに、パワーシートスイッチやエアアウトレットなど、随所にあしらわれたシャドウシルバーや、質感の高いレザーなど厳選された素材が用いられ、上質かつ贅沢な室内空間となった。

次期Sクラスに搭載予定の安全システムが与えられた

新型では、次期Sクラスに搭載予定の次世代のシステムが先駆けて採用された。さらに進化した安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ(RSP)」は、渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」にステアリングアシスト機構が追加されている。先行車両との車間距離を維持しながらステアリング操作までアシストする。

ほかにも、後方からの衝突の危険を検知するとリアコンビネーションランプを点滅させて後続車のドライバーに警告するとともに、ブレーキ圧を高めて自車をロックし二次被害を抑える「リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)」も新たに装備された。

また、対向車や前方車などにハイビームが当たらないように照射範囲を制御する「アダプティブハイビームアシスト・プラス」や、駐車の際に最適な駐車スペースを検出してステアリング操作とブレーキ制御を行う「アクティブパーキングアシスト」を全車に標準装備。さらに、真上から自車を見下ろすような映像で周囲の状況を確認できる「360°カメラシステム」が全車にオプション設定された。

セダン/ステーションワゴン同様の新世代ユニットを採用

E250クーペ/カブリオレには、セダン/ステーションワゴンにも採用されている新世代ユニット、2L直4直噴ターボ「BlueDIRECTターボ」が用いられる。成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、排ガス再循環装置(EGR)を組み合わせたことによる高い環境性能で、両モデルともにJC08モード15.5km/Lを達成。これにより、新エコカー減税と自動車グリーン税制優遇制度の対象となっている。

モデルバリエーションは、前述のとおり、従来モデルでは3.5LエンジンのみだったカブリオレにE250が新たに追加された。

価格は、クーペのエントリーモデル「E250クーペ」の669万円から、最上級グレード「E550クーペ(受注生産)」の1145万円まで。注目の新グレード「E250カブリオレ」は699万円となる。

滑らかなルーフラインや、ボディに浮かび上がるシャープなキャラクターライン、力強さをアピールする新デザインのLEDコンビランプが特徴のクーペ

滑らかなルーフラインや、ボディに浮かび上がるシャープなキャラクターライン、力強さをアピールする新デザインのLEDコンビランプが特徴のクーペ

カブリオレは流麗でスタイリッシュなフォルムが魅力的。ブラウンが加わり、ソフトトップのカラーラインナップは4色となった

カブリオレは流麗でスタイリッシュなフォルムが魅力的。ブラウンが加わり、ソフトトップのカラーラインナップは4色となった

グレードE250クーペE550クーペE250カブリオレE350カブリオレ
駆動方式FR
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4705×1785×13954745×1785×13954705×1785×1395
ホイールベース(mm)2760
車両重量(kg)1660180017901820
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボV8DOHC+ターボ直4DOHC+ターボV6DOHC
総排気量(cc)1991466319913497
最高出力[kW(ps)rpm]155(211)/5500300(408)/5000-5750155(211)/5500225(306)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/1200-4000600(61.2)/1600-4750350(35.7)/1200-4000370(37.7)/3500-5250
JC08モード燃費(km/L)15.58.515.512.8
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/66
車両本体価格(万円)669.01145.0699.0923.0
■発表日:平成25年8月5日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス de|世界初の「ディーゼル+プラグインハイブリッド」の乗り味はスポーツセダンそのもの!(2020/02/07)
【試乗】アウディ TTロードスター|成熟した大人のオープンカー。サスペンションの動きに進化を感じる(2020/02/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027