新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ/AMG Sクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ/AMG Sクラス【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/08/28)

メルセデス・ベンツSクラス【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

メルセデス・ベンツの最高級セダンであるSクラスが8年ぶりにフルモデルチェンジした

世界の自動車の指標とされてきたフラッグシップ

「最高の自動車」を目指して開発された
Sクラスは、いつの時代も世界の自動車の指標とされてきたメルセデス・ベンツのフラッグシップモデル。新型もこの伝統を受け継ぎ「最高の自動車」を目指して開発された。コンセプトは「インテリジェントドライブ(知能を備えた革新的テクノロジー)」、「エナジャイジングコンフォート(究極の快適性)」、「エフィシェントテクノロジー(徹底した効率向上)」で、自動車に求められるあらゆる要素が高められている。

革新的なテクノロジーである「インテリジェントドライブ」は、安全性と快適性を両立。安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」には、従来の短距離/中距離ミリ波レーダーにステレオマルチパーパスカメラとマルチモードミリ波レーダー(後方)が追加され、さらに進化した。

ほかにも、車間距離の維持に加え道路のカーブと先行車両をモニターしステアリングをアシストする「ディストロニック・プラス」や、飛び出し検知機能が加えられた「BASプラス」などの安全デバイスが新たに採用された。

前述のステレオマルチパーパスカメラは、上級モデルでは乗り心地にも貢献。前方の路面の凹凸をカメラで捉えることで路面に応じてサスペンションのダンピングを制御する世界初のサスペンションシステム「マジックボディコントロール」をS550ロングにオプション設定、S63AMG longに標準装備している。

快適性、環境性能も向上

「エナジャイジングコンフォート」とは、従来の車の快適性を超える究極の快適性を意味する。7つの色と5段階の明るさが選択できる照明システム「マルチカラーアンビエントライト」をはじめ、室内の空気清浄機能に加えイオン効果やパフュームアトマイザーを備えた「エアバランスパッケージ」(オプション設定)など様々な快適装備が用意されている。

また、ショーファードリブン(お抱え運転手がいる車)も想定されており、後席の快適性を重視する顧客向けに「ショーファーパッケージ」が設定されていれる。これには、最大43.5度のリクライニング機能やフットレストを備えたエグゼクティブリアシートをはじめ、世界初の温熱機能を備えたホットストーン式マッサージ機能などが採用されている。

環境性能も引き上げられている。約100kgもの大幅な軽量化を達成したアルミニウムハイブリッドボディシェルや、セグメントNo.1のエアロダイナミクスを実現したボディデザインなど、様々な「エフィシェントテクノロジー」により効率が高められた。

3.5LのV6エンジンに最高出力27ps/最大トルク250N・mを発生するモーターを組み合わせた新世代ハイブリッドユニットをはじめ、パワートレインは動力性能が高められながらも燃費性能が向上している。

エントリーモデルはハイブリッド。最上級モデルにAMG仕様を用意

エクステリアは、Sクラスらしい威厳を感じさせるフロントビューや、クーペのようなフォルムに最新のメルセデスデザインを融合し、エレガントでモダンなデザインとなった。

インテリアは、美しい弧を描くダッシュボードからドアやシートへと流れるような一体感のある新デザインとなった。最高品質のレザーやウッド素材が細部にまで使用され、高級感あふれる室内となっている。

グレード展開は、前述のハイブリッドを搭載したエントリーモデル「S400ハイブリッド」、S400ハイブリッドに内外装と快適装備の充実を図った上級仕様「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」、4.7LのV8エンジン+ロングホイールベースによる広大な室内に快適装備を採用した「S550 ロング」を用意。

さらに、AMG仕様として5.5LのV8エンジンと前述の「マジックボディコントロール」を標準装備した「S63 AMGロング」と、AMG専用の4WDシステム「AMG 4MATIC」を搭載した「S63 AMG 4MATIC ロング」の2モデルがラインナップされる。

価格はエントリーモデルである「S400ハイブリッド」の1090万円から、AMGの4WD仕様「S63 AMG 4MATIC ロング」の2340万円までとなる。

従来モデル同様にロングホイールベース版(写真)も用意される。ノーマルモデル比で全長が135mm引き伸ばされたことで広大な室内空間を実現

従来モデル同様にロングホイールベース版(写真)も用意される。ノーマルモデル比で全長が135mm引き伸ばされたことで広大な室内空間を実現

ダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感を表現したインテリアデザイン。レザーやウッドなど最高級の素材が細部に至るまで贅沢に使用されている

流れるような一体感を表現したインテリアデザイン。レザーやウッドなど最高級の素材が細部に至るまで贅沢に使用されている

後席の快適性を向上させた「ショーファーパッケージ」。最大43.5度のリクライニング機能やフットレストを備えたリアシートを採用

後席の快適性を向上させた「ショーファーパッケージ」。最大43.5度のリクライニング機能やフットレストを備えたリアシートを採用

写真はAMG仕様。世界初のサスペンションシステム「マジックボディコントロール」により、衝撃を最小限にしフラットで極上の乗り心地を実現する

写真はAMG仕様。世界初のサスペンションシステム「マジックボディコントロール」により、衝撃を最小限にしフラットで極上の乗り心地を実現する

グレードS400ハイブリッドS550 ロングS63AMG 4MATIC ロング
駆動方式FR4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)5116×1899×14935250×1900×14955287×1915×1499
ホイールベース(mm)30353165
車両重量(kg)2180
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+モーターV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)349746635461
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6500+20(27)355(455)/5250-5500430(585)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]370(37.7)/3500-5250+250(25.5)700(71.3)/1800-3500900(91.7)/2250-3750
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70プレミアム/78
車両本体価格(万円)1090.01545.02340.0
■発表日:平成25年8月23日 ■取り扱い:メルセデス・ベンツ正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ジャガー Iペイス│かっ飛びプレミアムEV、これこそ現代の“韋駄天”だ!(2019/06/14)
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)
【試乗】BMW Z4│オープンであることすら忘れさせる剛性の高い本格スポーツカー(2019/05/27)
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)

アクセスランキング

1
up
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
up
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
3
down
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
4
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
6
down
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
7
down
【試乗】ボルボ XC90|絶景に似合うプレミアムSUV「XC90」試乗散歩 in 山形(2019/06/08)
8
up
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
9
up
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
10
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027