新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【フォトレポート】トヨタ SAI【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

【フォトレポート】トヨタ SAI【マイナーチェンジ】 / navi

(2013/08/29)

トヨタ SAI【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

トヨタ SAIがマイナーチェンジした。全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で8月29日から発売される。

トヨタ2番目のハイブリッド専用モデルとして2009年に発売され、同サイズのセダンの中でトップレベルの環境性能を持つ。今回のマイナーチェンジでJC08モード燃費が21.0km/Lから22.4km/Lへ向上。さらに、植物由来のエコプラスチックを採用するなど、より“環境に優しい”車となった。また、新デザインのヘッドランプなどにより先進感や高級感を表現し、世代を超えて評価されるデザインを目指したという。

ひと目でSAIとわかるスタイリッシュなデザインに変身!

世界最大級の幅広サイズを実現したヘッドランプ。マイナーチェンジ前と比べて目つきが鋭くなった

世界最大級の幅広サイズを実現したヘッドランプ。マイナーチェンジ前と比べて目つきが鋭くなった

内装色に新しく採用された「茜(あかね)」。優しく落ち着きのある雰囲気が演出されている

内装色に新しく採用された「茜(あかね)」。優しく落ち着きのある雰囲気が演出されている

ハイブリッド制御の変更などによりJC08モード燃費22.4km/Lを達成した。エコカー減税対象車となる

ハイブリッド制御の変更などによりJC08モード燃費22.4km/Lを達成した。エコカー減税対象車となる

暗闇でライトオンした状態のエクステリア。鋭く広がるポジションライトと両側下端に配置されたフォグライトが車体をワイドに見せる

暗闇でライトオンした状態のエクステリア。鋭く広がるポジションライトと両側下端に配置されたフォグライトが車体をワイドに見せる

センチュリーなどの高級車の企画を担当してきた製品企画本部の加藤亨氏。「多くのお客さまに受け入れてもらえるようデザインを変えた」と語った

センチュリーなど高級車の企画を担当してきた製品企画本部の加藤亨氏。「多くのお客さまに受け入れてもらえるようデザインを変えた」と語った

フロントとデザインテーマを合わせるべくリアも幅広のテールランプを採用。中央から広がり感を演出し、両サイドのキャラクターラインへつながる

フロントとデザインテーマを合わせるべくリアも幅広のテールランプを採用。中央から広がり感を演出し、両サイドのキャラクターラインへつながる

メーターやスイッチ回りにはクリアブルーのイルミネーションが採用され先進性が表現されている

メーターやスイッチ回りにはクリアブルーのイルミネーションが採用され先進性が表現されている

9.5インチ×47インチのゴルフバッグ4つが収納できるトランクスペースが確保された。開口部の幅と奥行きが広いことが特徴

9.5インチ×47インチのゴルフバッグ4つが収納できるトランクスペースが確保された。開口部の幅と奥行きが広いことが特徴

暗闇でライトオンした状態のリアビュー。後ろから見ても、ひと目でSAIとわかるデザインとなっている

暗闇でライトオンした状態のリアビュー。後ろから見ても、ひと目でSAIとわかるデザインとなっている

テレビCMキャラクターに起用された女優の真木よう子さん。SAIの印象については「スタイルがいい」と回答

テレビCMキャラクターに起用された女優の真木よう子さん。SAIの印象については「スタイルがいい」と回答

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027