新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ キャリイ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スズキ キャリイ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/09/05)

スズキ キャリイ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

広い荷台や頑丈な車体、使いやすさで、軽トラック市場で確固たる地位を築いてきたスズキ キャリイが14年ぶりにフルモデルチェンジした

軽トラックとしての基本性能を向上

快適な居住性と広い荷台を実現

新型では、車体のレイアウトが全面的に見直されている。フロントウインドウが前方に移動。運転席のヒップポイントが15mm後方に配置され、ステアリングコラムカバーを小型化し角度も変更されている。これらにより、クラストップの荷台フロア長はそのままに居住空間が拡大された。

快適性も向上しており、全車にアームレスト付きの成形ドアトリムが採用されている。さらに乗降性も配慮され、ヒップポイントからのドア開口高が30mm、ドア開放幅が40mm拡大。例えば長靴を履いていたとしても足が出しやすくなった。

荷台は、荷台フロア長2030mmというクラストップのスペースとなった。荷台床面の地上高は650mmに抑えられ、積載性もアップ。荷台ステップが助手席側だけでなく運転席側にも新たに装備され、作業しやくなっている。もちろん、補修の際に荷台部分だけを交換しやすい分離荷台など、従来モデルが持っていた高い利便性は踏襲された。

室内のユーティリティ性能も高められた。ティッシュボックスをそのまま置ける大型インパネアッパートレーや、タオルや軍手も置ける大型インパネアンダーポケット、コンビニ袋を掛けることができるショッピングフックなど、豊富な収納スペースが用意される。

クラストップの小回り性能と悪路走破性を実現

ショートホイールベースになったこともトピックだ。フロントタイアが前席下に位置するキャブオーバータイプとなり、クラストップの最小回転半径3.6mを実現した。

アプローチアングル(前輪の接地点からフロントバンパーまでの角度)は従来型比+3°の23°となり、バンパー地上高も同+45mmの320mmとなったことで、悪路走破性も強化された。さらに、農繁仕様や上級モデルの4WD、5MT仕様には、ぬかるみなどで片輪が空回りしたときに脱出しやすくする「デフロック」や、悪路の際に力を発揮する「高低速2段切替え式パートタイム4WD」が装備される。

パワートレインは、可変バルブタイミング機構であるVVTを備えるスズキの新世代エンジン「R06A型」。ボディは、高張力鋼板が車体の随所に採用されたことや構造が最適化されたことで、衝突安全性、耐久性を高めながらも50kgの軽量化を実現。これらによりJC08モード燃費は2WDの5MT仕様で18.6km/Lを実現している。

安全性能も向上

安全性能も向上している。独自の軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」を採用。貨物車の安全基準である56km/hオフセット衝突法規に対応した。さらに、運転席/助手席にシートベルトフォールリミッター機構を標準装備。運転席にはシートベルトプリテンショナー機構も装備されている。

また、車体各部に防錆鋼板の採用や、ホイールハウスやフレームなどに施されたアンダーコートなどによって、優れた防錆性能が与えられた。荷台を含めボディ外板の表面サビ3年、穴あきサビ5年の長期サビ保証も付けられている。

価格は、2WDで5MTを採用するエントリーモデル「KC」の66万5700円から、4WD+3ATの最上級グレード「KX」の113万5050円まで。なお、発売は2013年9月20日からとなる。

ショートホイールベースに変更され、クラストップの小回り性能と悪路走破性能が与えられた。写真は農繁仕様

ショートホイールベースに変更され、クラストップの小回り性能と悪路走破性能が与えられた。写真は農繁仕様

大型インパネアッパートレーや、コンビニ袋を掛けることができるショッピングフックなど豊富な収納スペースを用意されている

大型インパネアッパートレーや、コンビニ袋を掛けることができるショッピングフックなど豊富な収納スペースを用意されている

フロントウインドウが前方に移動され、ヒップポイントが後方に下げられるなどレイアウトが全面的に見直された

フロントウインドウが前方に移動され、ヒップポイントが後方に下げられるなどレイアウトが全面的に見直された

可変バルブタイミング機構VVTを備える新世代ユニット「R06A」型、660ccNAエンジン。JC08モードは2WDの5MT仕様で18.6km/Lを実現した

可変バルブタイミング機構VVTを備える新世代ユニット「R06A」型、660ccNAエンジン。JC08モードは2WDの5MT仕様で18.6km/Lを実現した

グレードKCKCエアコン・パワステKX
駆動方式FR4WD
トランスミッション5MT3AT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1765
ホイールベース(mm)1905
車両重量(kg)680700740
乗車定員(人)2
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]37(50)/5700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/3500
JC08モード燃費(km/L)18.616.816.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/34
車両本体価格(万円)66.5786.415113.505
■発表日:平成25年8月29日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027