新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【フォトレポート】ホンダ フィット/フィット ハイブリッド【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

【フォトレポート】ホンダ フィット/フィット ハイブリッド【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/09/05)

ホンダ フィット/フィット ハイブリッド【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

ホンダ フィットが3代目にフルモデルチェンジした。全国のホンダカーズで9月6日から発売される。ハイブリッドモデルではJC08モード燃費で36.4km/Lを達成。国内No.1の低燃費となった

この1台ですべてをこなせるよう、広さと走り、燃費を兼ね備えた3代目

新しいフロントフェイスは、エンブレムを中心にグリルからヘッドライトまで1つのつながりをもったデザインが採用されている

新しいフロントフェイスは、エンブレムを中心にグリルからヘッドライトまで1つのつながりをもったデザインが採用されている

前後ドアハンドルを直線的に結ぶキャラクターラインは、リアにいくほど彫が深くなり、力強さが演出されている

前後ドアハンドルを直線的に結ぶキャラクターラインは、リアにいくほど彫が深くなり、力強さが演出されている

1.5Lエンジンと高出力モーター内蔵7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)のハイブリッドシステムにより、JC08モード燃費36.4km/Lを達成

1.5Lエンジンと高出力モーター内蔵7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)のハイブリッドシステムにより、JC08モード燃費36.4km/Lを達成

ハイブリッド専用デザインの15インチホイール。空気抵抗を低減し、低燃費に貢献している

ハイブリッド専用デザインの15インチホイール。空気抵抗を低減し、低燃費に貢献している

フロントシートは2Lクラスの上級車種のフレームをベースに設計された。肩まわりが広く、腰まわりもしっかりサポートしてくれる

フロントシートは2Lクラスの上級車種のフレームをベースに設計された。肩まわりが広く、腰まわりもしっかりサポートしてくれる

大人2人が後ろに乗っている状態でも、ラゲージには一般的なスーパーの買い物かごを載せることができる

大人2人が後ろに乗っている状態でも、ラゲージには一般的なスーパーの買い物かごを載せることができる

ハイブリッド専用デザインのテールゲートスポイラーが与えられ、空気抵抗が減少された

ハイブリッド専用デザインのテールゲートスポイラーが与えられ、空気抵抗が減少された

1.5Lガソリンエンジンを搭載するスポーツグレード「RS」。専用サスペンションと16インチアルミホイールが装備され、6速マニュアルも用意されている

1.5Lガソリンエンジンを搭載するスポーツグレード「RS」。専用サスペンションと16インチアルミホイールが装備され、6速マニュアルも用意されている

導光チューブを用いたスモールランプとLEDストップランプの組み合わせは、ハイブリッド専用のデザインとなる

導光チューブを用いたスモールランプとLEDストップランプの組み合わせは、ハイブリッド専用のデザインとなる

シンプルなインパネで広々とした視界が確保されている。ナビのモニターとエアコン操作盤にはタッチパネルが採用され、スマホ感覚で操作できる

シンプルなインパネで広々とした視界が確保されている。ナビのモニターとエアコン操作盤にはタッチパネルが採用され、スマホ感覚で操作できる

車両の全長とホイールベースが延長された。これにより後席の膝前の空間は先代と比べて65mm広くなっている

車両の全長とホイールベースが延長された。これにより後席の膝前の空間は先代と比べて65mm広くなっている

従来同様、ホンダ独自の「センタータンクレイアウト」が採用されており、後席を倒せばフラットなラゲージスペースが現れる

従来同様、ホンダ独自の「センタータンクレイアウト」が採用されており、後席を倒せばフラットなラゲージスペースが現れる

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027