新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A3スポーツバック【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

アウディ A3スポーツバック【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/09/11)

アウディ A3スポーツバック【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

アウディのコンパクト5ドアハッチバックが10年ぶりに3代目へとフルモデルチェンジした

超軽量技術で60kgの減量を果たした

車内でのWi-Fi接続も実現

新型では最新の超軽量化技術が採用されている。キャビンには熱間成形スチールが用いられ、キャビン単体の重さは従来型比で-37kg。ほかにもインテリアやエンジンまで軽量化され、車両重量は60kgも減量された。1.4LのTFSIエンジン搭載モデルでは車両重量が1320kgになっている。

注目は新開発のインフォテイメントシステムであるAudi connect(アウディコネクト)。MMIナビシステムの拡張機能として搭載されるもので、走行中のインターネット接続が可能だ。ナビにグーグルアースやグーグルストリービューの表示をはじめ、近隣空港のフライトインフォメーションや天気予報、駐車場、ガソリンスタンドの情報なども入手できる。

さらに、このシステムには無線LAN機能があり、最大8台までポータブルデバイスを接続できる。Wi-Fi接続を可能とした車は、日本では初となる。

延長されたホイールベースにより伸びやかな印象となった

エクステリアでは、従来型比で60mm延長されたホイールベースがポイント。スポーティなデザインとなった。また、高性能キセノンプラスヘッドライトとLEDリアコンビランプが装備され先進的なイメージが演出されている。

インテリアでは、ジェットエンジンをモチーフとしたエアコンの吹き出し口や、センターコンソールと離され浮き上がるようなデザインとなったダッシュボードなど、エレガントでありながらも人間工学に基づいたデザインが採用されている。ユーティリティも優れており、ラゲージスペースは通常時で340L、最大で1220Lの容量を確保している。

エンジンは1.4Lと1.8L、ハイパフォーマンス版のS3も用意

エンジンは、最高出力122ps/140psと出力の異なった2つの1.4Lと、同180psを発生する1.8Lの3種類を用意。すべて高効率なTFSIユニットで、1.4Lの140psエンジンには、エンジンの負荷が低いときに4気筒のうち2気筒を休止させ燃費を向上させる「シリンダーオンデマンド」が搭載される。

組み合わされるトランスミッションは、1.4L車が7速、1.8L車は6速のツインクラッチミッション「Sトロニック」。駆動方式は1.4L車がFF、1.8L車はアウディ独自の4WDシステムのクワトロとなる。

なお、ハイパフォーマンス版であるS3スポーツバックも11月に登場予定だ。こちらは、最高出力280ps/最大トルク380N・mを発生する2Lユニットと6速Sトロニックとの組み合わせ。駆動方式は4WDとなる。

価格は、122psの1.4Lエンジンを搭載するエントリーモデル「1.4TFSI」の308万円から、ハイパフォーマンスモデル「S3スポーツバック」の544万円までとなる。

ボディは徹底的に軽量化され、従来型に比べ最大で60kgも軽くなった。ホイールベースは60mm延長され、伸びやかなプロポーションを実現している

ボディは徹底的に軽量化され、従来型に比べ最大で60kgも軽くなった。ホイールベースは60mm延長され、伸びやかなプロポーションを実現している

エレガントでありながらエルゴノミクス(人間工学)を追求したインテリア。エアコンの吹出口はジェットエンジンがモチーフとなっている

エレガントでありながらエルゴノミクス(人間工学)を追求したインテリア。エアコンの吹出口はジェットエンジンがモチーフとなっている

日本では初となるWi-Fiを搭載したアウディコネクト。グーグルアースやストリートビューの表示ができるほか、最大8台のポータブルデバイスと接続が可能だ

日本では初となるWi-Fiを搭載したアウディコネクト。グーグルアースやストリートビューの表示ができるほか、最大8台のポータブルデバイスと接続が可能だ

グレード1.4TFSI1.4 TFSI cylinder on demand/td> 1.8 TFSI quattroS3スポーツバック
駆動方式FF4WD
トランスミッション7AT6AT
全長×全幅×全高(mm)4325×1785×14504325×1785×14354325×1785×1440
ホイールベース(mm)26352630
車両重量(kg)1320133014601510
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)139417981984
最高出力[kW(ps)rpm]90(122)/5000-6000103(140)/4500-6000132(180)/4500-6200206(280)/5100-6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]200(20.4)/1400-4000250(25.5)/1500-3500280(28.6)/1350-4500380(38.8)/1800-5100
JC08モード燃費(km/L)19.520.014.814.4
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50プレミアム/55
車両本体価格(万円)308.0347.0393.0544.0
■発表日:平成25年9月3日 ■取り扱い:アウディ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
3
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
4
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
5
down
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
6
up
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
8
keep
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
down
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027