新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス RX200t【スクープ!】 / navi

クルマニュース

レクサス RX200t【スクープ!】 / navi

(2013/09/19)

レクサス RX|ニューモデル速報

2009年1月にデビューしたレクサスのSUV、RXは他のレクサス車と同じく息の長いモデルになりそうだ。2012年にマイナーチェンジされたが、さらなるマイナーチェンジが施されるようだ

時流に乗って、ダウンサイジングターボを搭載

3.5Lエンジンは最新の直噴技術を搭載、8速ATも採用

レクサス RXを街中で見る機会は多い。なかなか好評なモデルだといえる。そろそろ新型を期待しても良い時期だが、いまのところ世代交代で生まれ変わる話はない。ただ、2015年にマイナーチェンジが実施される模様だ。

2012年の手直しがスピンドルグリルの採用などルックスを中心とした変更だったのに対し、次の改良はパワートレインのリニューアルがメインとなる。何より話題となりそうなのは、トヨタが鋭意開発を進めているダウンサイジングターボが採用されることだ。

このユニット、今年のフランクフルトショーでコンセプトを公開。2014年夏にRXの弟分としてデビュー予定の新型SUV、NXに搭載される予定だ。排気量は2Lで、RXの車格と照らし合わせると小さい印象は否めないが、必要時には十分なパワーを発揮する。

2Lダウンサイジングターボの目標スペックは最高出力230ps/最大トルク35.6kg−m程度と予想される。組み合わされるトランスミッションは6ATとなる。このエンジンを搭載するRX200tは、現行の2.7L直4エンジンを搭載するRX270に代わるモデルとして投入される公算が高い。

一方、3.5LのV6エンジンも見直されるようだ。最新の直噴技術であるD-4Sが加えられ、燃費やレスポンスが向上する。すでにGSに搭載されているユニットが流用されると考えればわかりやすい。ただし、ミッションはGSには未設定の8速ATが起用されるだろう。

※2013年9月19日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2012年に内外装の変更を中心としたマイナーチェンジが施されたRX。次のマイナーチェンジではパワートレインに手が加えられる

2012年に内外装の変更を中心としたマイナーチェンジが施されたRX。次のマイナーチェンジではパワートレインに手が加えられる

写真は2012年のフランクフルトで発表されたコンセプト LF-NX。2Lのダウンサイジングターボは、まず2014年夏デビューのNXに搭載される

写真は2012年のフランクフルトで発表されたコンセプト LF-NX。2Lのダウンサイジングターボは、まず2014年夏デビューのNXに搭載される

予想発表時期2015年8月
全長×全幅×全高4770×1885×1690(mm)
搭載エンジン2L 直4+ターボほか
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027