新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【先行公開】ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

【先行公開】ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/09/26)

【先行公開】ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

ホンダ オデッセイが、近日中に5代目へとフルモデルチェンジする。それに先駆け、生まれ変わった姿が先行公開された。その気になるポイントを写真でチェックしていこう。ちなみに、写真はスポーティグレードのアブソルート

特徴である安定した走りはそのままに、より使いやすく進化!

車高は1695m。従来型よりだいぶ高くなったが、その分重心が低く設定されており、安定した走りは健在。燃費性能は従来型より向上し、JC08モードで+1.6km/Lの14km/Lを達成している

車高は1695m。従来型よりだいぶ高くなったが、その分重心が低く設定されており、安定した走りは健在。燃費性能は従来型より向上し、JC08モードで+1.6km/Lの14km/Lを達成している

インテリアはシンプルにまとめられ扱いやすいデザインになった。上級グレードでは、本革シートやLEDランプ、遮音機能付ガラスなどが採用され、より居心地のよい空間となっている

インテリアはシンプルにまとめられ扱いやすいデザインになった。上級グレードでは、本革シートやLEDランプ、遮音機能付ガラスなどが採用され、より居心地のよい空間となっている

FFモデルには7人乗りと8人乗りが設定される。4WDモデルは8人乗りのみ。インテリアカラーは、ノーマルモデルのアイボリーとアブソルートのブラックの2種類が設定されている

FFモデルには7人乗りと8人乗りが設定される。4WDモデルは8人乗りのみ。インテリアカラーは、ノーマルモデルのアイボリーとアブソルートのブラックの2種類が設定されている

従来型でも採用されていた低床プラットフォームが進化。ステップ高は約30cmと、より乗り降りしやすくなった。リア左側にパワースライドドアが採用されるが、上級グレードでは両側に標準装備される

従来型でも採用されていた低床プラットフォームが進化。ステップ高は約30cmと、より乗り降りしやすくなった。リア左側にパワースライドドアが採用されるが、上級グレードでは両側に標準装備される

上級グレードでは2列目にプレミアムクレードルシート(仮称)と呼ばれるシートが用意される。背もたれと座面が連動して、ゆりかごのように乗員を包み込み、長時間のドライブでもリラックスできる

上級グレードでは2列目にプレミアムクレードルシート(仮称)と呼ばれるシートが用意される。背もたれと座面が連動して、ゆりかごのように乗員を包み込み、長時間のドライブでもリラックスできる

マルチビューカメラシステムをはじめ安全装備も充実。写真はブラインドスポットインフォメーション。斜め後ろから車が近づくとドアミラーのマークが点灯、さらにその方向にウィンカーを出すとマークが点滅し警報音を鳴らす

マルチビューカメラシステムをはじめ安全装備も充実。写真はブラインドスポットインフォメーション。斜め後ろから車が近づくとドアミラーのマークが点灯、さらにその方向にウィンカーを出すとマークが点滅し警報音を鳴らす

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027