新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アクセラ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ アクセラ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/10/09)

マツダ アクセラ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

マツダのスポーツコンパクトモデルであるアクセラがフルモデルチェンジした。ハッチバック、セダンともに10月10日(木)より予約販売が開始される

SKYACTIV、魂動デザインを全面採用したアクセラ

日本メーカー初、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドを投入

新型アクセラは、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と新デザイン「魂動(こどう)」を全面採用したCX-5、アテンザに続く第3弾のモデル。日本メーカーとしては初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムという3つのパワートレインを揃えた車種を国内市場に投入する。

ガソリンエンジンでは、新たに1.5Lの「SKYACTIV-G 1.5」が採用された。2Lエンジンも排気系が見直され、先代モデル(ハッチバック、FF、AT車)と比べてトルクが向上。燃費性能も約9%向上している。

この2Lエンジンをベースに専用開発し、モーターと組み合わせたユニットが「SKYACTIV-HYBRID(スカイアクティブハイブリッド)」となる。ハイブリッド車の燃費性能はJC08モード30.8km/Lを実現した。

ディーゼルエンジンはアテンザでお馴染みの「SKYACTIV-D 2.2」だ。

躍動感を追求した魅力的なデザイン

エクステリアでは、ダイナミックで生命感のある動きが表現されている。マツダ独自の低く構えたグリルに重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用した精悍なフロントフェイスが採用された。インテリアでは、ステアリングホイールと単眼メーターがドライバーの身体の中心と同軸上に配置され、ドライバーと車の一体感が演出されている。

ディーゼル車には内外装ともに専用装備が与えられる。具体的には、エクステリアでは赤いピンストライプが施されたシグネチャーグリル、LEDフォグランプ、高輝度アルミホイールなど。内装では、赤いクロスステッチが施されたステアリングや専用シート、スムースレザーが採用された。

新世代のヒューマンマシンインターフェイスの搭載もトピックだ。スマートフォンと連携したハンズフリー通話や、ショートメッセージなどのコミュニケーション機能、ツイッターの新着ツイートやフェイスブックのニュースフィードを音声で読み上げてくれる「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」が新たに導入されている。

他にもMAZDA CONNECTには、メーターに表示された警告を確認できる「ウォーニングガイダンス機能」や燃費モニターなどが盛り込まれた。

セダンとハッチバックを用意

ボディタイプは、従来モデルと同様にセダンとハッチバックが用意される。この2ボディと前述した3種類のパワートレインとの組み合わせでグレードが構成される。ハッチバックはガソリン(1.5L/2L)とディーゼル、セダンは1.5L ガソリンとハイブリッドというラインナップになる。ガソリン、ディーゼルともに、FF車は6速MT/6速ATからミッションを選択可能。4WDモデル(ガソリン車に設定)は6速ATのみ、ハイブリッドはCVTのみとなる。

価格は、セダン/ハッチバック両方に採用される1.5Lエンジンの「15C」(2WD)の171万1500円から、ハッチバックに用意される2.2Lディーゼルで6速ATの「XD」の298万2000円まで。注目のハイブリッドは237万3000円~となる。

発売は、ガソリン車とハイブリッドは2013年11月21日、ディーゼル車は2014年1月、2Lガソリン車のMT仕様は来春となる予定だ。

ハッチバックのアクセラスポーツ(写真)は、1.5Lと2Lのガソリンエンジン、2.2Lディーゼルエンジンをラインナップ。ハイブリッドは用意されない

ハッチバックのアクセラスポーツ(写真)は、1.5Lと2Lのガソリンエンジン、2.2Lディーゼルエンジンをラインナップ。ハイブリッドは用意されない

アクセラセダン(写真)は、1.5Lのガソリンエンジン、2Lのハイブリッド仕様をラインナップ。2Lガソリンと2.2Lディーゼルは用意されない

アクセラセダン(写真)は、1.5Lのガソリンエンジン、2Lのハイブリッド仕様をラインナップ。2Lガソリンと2.2Lディーゼルは用意されない

ドライバーを中心に必要な要素が整理されたコクピット感覚の運転席。対照的に、助手席、後席は開放感や心地よさが追求されている

ドライバーを中心に必要な要素が整理されたコクピット感覚の運転席。対照的に、助手席、後席は開放感や心地よさが追及されている

注目のハイブリッドシステム。2LのSKYACTIVガソリンユニットとモーターを組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lを実現

注目のハイブリッドシステム。2LのSKYACTIVガソリンユニットとモーターを組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lを実現

マツダ アクセラを動画でチェック!
グレードセダン 15Cハッチバック 20Sハッチバック XDセダン HYBRID-S L Package
駆動方式FF
トランスミッション6ATCVT
全長×全幅×全高(mm)4580×1795×14554460×1795×14704580×1795×1455
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1270131014501390
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496199721881997
最高出力[kW(ps)rpm]82(111)/6000114(155)/6000129(175)/450073(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]144(14.7)/3500196(20.0)/4000420(42.8)/2000142(14.5)/4000+207(21.1)
JC08モード燃費(km/L)19.619.0-30.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/51軽油/51レギュラー/45
車両本体価格(万円)171.15220.5298.2262.5
■発表日:平成25年10月9日 ■取り扱い:マツダ店、マツダアンフィニ店、マツダオートザム店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027