新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N-FREE(仮称)【スクープ!】 / navi

クルマニュース

ホンダ N-FREE(仮称)【スクープ!】 / navi

(2013/10/24)

ホンダ N-FREE(仮称)予想イラスト|ニューモデル速報

Nシリーズ第4弾にあたるN-WGNを先行公開し、ますます存在感を強めたホンダの軽。次なる一手として、熾烈な争いを繰り広げる低燃費競争に打って出ることになりそうだ

ガソリン車燃費No.1に踊り出るホンダ軽

JC08モード35.0km/Lが目標

スズキとダイハツの2強から、ホンダを交えた3強時代へと突入した軽自動車業界。そんな中、ダイハツ ミラe:S(JC08モード燃費33.4km/L)とスズキ アルトECO(同33km/L)に端を発する燃費競争にホンダも本格参戦するという。

背景として、系列ディーラーや社内営業から「他社が低燃費を数字でアピールしているのに、当社だけそれがないのがはつらい」という突き上げがあったものと予測される。結果、2014年半ばに発売が計画されている新型軽自動車では、JC08モード燃費35km/L超が目指されているという。

ダイハツのエンジニアが言うには、35km/Lという数値自体は「開発中の技術をすべて使えば不可能ではない」という。ただ、それ以上となるとなんらかの飛び道具が必要だ。

以前、本田技術研究所の首脳は、軽自動車への搭載を視野に、IMA(ホンダのハイブリッド機構)を小型化していることを明かしている。35km/L超を目指すならば、軽自動車の販売価格が上昇している昨今、新型軽自動車のトップグレードとしてハイブリッドもありうる。

気になるエクステリアはまだ想像の域を出ない。しかし、キャビンが広く見える新型フィットをギュッと凝縮したような“フィットの弟分”というルックスは十分に考えられる。

車名もまだ判明していないが、N-BOXと同じセンタータンクレイアウトの車なので、Nシリーズを名乗ることは間違いない。燃費一辺倒でなく、ストレスなく走れるという意味を込め、「N-FREE」になるという噂だ。

※2013年10月24日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

現在、軽自動車トップの燃費性能(JC08モード燃費33.4km/L)を誇るダイハツ ミラe:S。ホンダの新型軽は、これを上回る35.0km/L超を目標にしている

現在、軽自動車トップの燃費性能(JC08モード燃費33.4km/L)を誇るダイハツ ミラe:S。ホンダの新型軽は、これを上回る35.0km/L超を目標にしている

ミラe:Sと燃費競争を繰り広げるスズキ アルトECO(写真)。この争いに終止符を打つべく、圧倒的な低燃費モデルの開発が進められている

ミラe:Sと燃費競争を繰り広げるスズキ アルトECO(写真)。この争いに終止符を打つべく、圧倒的な低燃費モデルの開発が進められている

予想発表時期2014年7月
全長×全幅×全高3395×1475×1520(mm)
搭載エンジン660cc 直3
■Photo&Text/マガジンX編集部 
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027