新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/10/31)

ホンダ オデッセイ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

「多人数での快適な移動」という価値を提案し、日本にミニバンブームをもたらしたホンダ オデッセイが5代目にフルモデルチェンジした。発売は11月1日(金)からとなる

新型は使いやすさをとことん追求!

ユーティリティ性能が大幅に向上

新型では、従来型が構築した走行性能や燃費の良さ、取り回しなどに加え、さらなる室内の広さや使いやすさが追求された。

超低床プラットフォームの採用によりボディ全高が抑えられつつも室内が拡大されている。さらに、リアスライドドアの採用と低いステップによる優れた乗降性、新機構の2列目シートによる快適性能の向上など、広さだけでなく使いやすさも磨き抜かれた。

車内はホテルのスイートルームがモチーフ

エクステリアは、流麗で力強いプロポーションとなった。コンパクトなエンジンルームによるスラントノーズから、全高を抑えたルーフへ滑らかにつながるシルエットを採用。張り出した前後のフェンダーなどにより、走りの力強さと安定感を強調している。さらに、フロントからリアまでを貫くクローム調のベルトライン(サイドウインドウ下端の線)などにより、質感の高さも表現した。

室内は、モダンで飽きのこない高級ホテルのスイートルームをモチーフにデザインされた。しっとりとした質感のソフトパッドや、エレキギターなどで使用されるサンバースト加工が施された木目調パネル、静電式タッチパネルの採用などによって、モダンさと高級感が表現されている。

また、7人乗り仕様の2列目には、最上のリラックスを求めたプレミアムクレードルシートを採用。オットマンやシートバック中折れ機構を装備し、包み込まれるような座り心地を実現している。8人乗り仕様の2列目は広い座面の3人掛けベンチシートで、シートバックは4:2:4分割可倒式となっている。

安全装備も充実している。ハンドル操作を自動でアシストし駐車を手助けする「HONDAスマートパーキングアシスト」や、上空から見下ろしたような映像で車の周囲を確認できる「マルチビューカメラシステム」などが用意されている。

スポーティなアブソルートも用意

モデルラインナップは従来型と同様。ノーマルモデルに加え、スポーティさとエレガントさを際立たせたアブソルートが設定されている。

エンジンは、新開発の2.4L直4エンジンを採用。アブソルートには、中速トルクや燃費性能を向上させた直噴ユニットが搭載される。ミッションは、いずれのユニットも新開発のCVTが組み合わされる。

アイドリングストップなども採用された結果、2.4LユニットはJC08モード13.8km/L、直噴ユニットは同14.0km/L(いずれもFF車)というクラストップの燃費性能を実現している。

価格は、8人乗り仕様のエントリーモデルでFFの「B」の249万円から、8人乗りアブソルートの4WD仕様「アブソルートEX」の373万円までとなる。

超低床プラットフォームにより広い室内を実現。エクステリアを伸びやかなフォルムとすることで、走りの力強さと安定感を強調している

超低床プラットフォームにより広い室内を実現。エクステリアを伸びやかなフォルムとすることで、走りの力強さと安定感を強調している

サンバースト処理が施された木目調パネルやソフトパッド、静電式タッチパネルなどが採用され、モダンさと高級感が表現されている

サンバースト処理が施された木目調パネルやソフトパッド、静電式タッチパネルなどが採用され、モダンさと高級感が表現されている

7人乗り仕様(下)と8人乗り仕様(上)を用意。7人乗りの2列目は、クレードル(ゆりかご)シートと呼ばれ、包み込まれるような座り心地を実現している

7人乗り仕様(下)と8人乗り仕様(上)を用意。7人乗りの2列目は、クレードル(ゆりかご)シートと呼ばれ、包み込まれるような座り心地を実現している

力強いメッキバーが配されたフロントグリルや、クローム調モールが施される前後およびサイドエアロパーツなど、独自のデザインとなるアブソルート

力強いメッキバーが配されたフロントグリルや、クローム調モールが施される前後およびサイドエアロパーツなど、独自のデザインとなるアブソルート

グレードBアブソルートアブソルートEX
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4830×1800×16954830×1820×16854830×1820×1715
ホイールベース(mm)2900
車両重量(kg)170017501830
乗車定員(人)8
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2356
最高出力[kW(ps)rpm]129(175)/6200140(190)/6400136(185)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]225(23.0)/4000237(24.2)/4000235(24.0)/4000
JC08モード燃費(km/L)12.414.013.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55レギュラー/50
車両本体価格(万円)249.0295.0373.0
■発表日:平成25年10月31日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027