新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 スカイライン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 スカイライン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/11/11)

日産 スカイライン【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

1957年の発売以来、多くのユーザーに愛されてきた日産のスポーツセダン、スカイラインがフルモデルチェンジした。ハイブリッド化され、歴代の中で最もラグジュアリーでダイナミックなモデルに仕立てられている

日産を代表するスポーツモデルがハイブリッド化

コンセプトは新時代のプレミアムアスリートセダン

新型では、スポーティな走りと低燃費を高次元で両立することが追求された。その結果、パワートレインは、システム合計で最高出力364psを発生する3.5L V6エンジン+モーターによるハイブリッドユニットとなった。組み合わされるトランスミッションは、ハイブリッド専用のマニュアルモード付7速ATとなる。

このユニットは、従来型のスポーツイメージを継承すべく、モーターをスポーティにしていることが特徴だ。モーターのトルクアップなどによって発進のレスポンスや加速感などが向上。0-100km/h加速性能は量産車ハイブリッドで最速だという。

気になるJC08モードは、FRのベーシックモデルで18.4km/L、同4WDモデルは17.0km/Lを達成。全車がエコカー減税の免税対象となっている。

また、世界初のダイレクトアクティブステアリングが採用された。ステアリングの動きを電気信号に変換してタイヤを操舵するシステムで、セダンとしての上質かつしっかりとした運転感覚と、スポーツカーのようなクイックなハンドリングを楽しめる。

スカイラインらしい躍動感と高級感を表現したデザイン

エクステリアは、従来モデル同様、セダンとしての基本を念頭に置きながら、躍動感や高揚感を表現。フロントフェイスは生物の“眼”を連想させるLEDコンビネーションランプが特徴的だ。サイドビューでは、ロングノーズとショートデッキという従来のプロポーションを踏襲しつつも、キャラクターラインや面の抑揚で躍動感を演出している。

インテリアは、ナビ画面に加えオーディオ操作が可能な静電式タッチパネルを用いたツインディスプレイクラスターデザインが特徴。大型2眼メーターとアドバンスドドライブアシストディスプレイによるメーターパネルとあわせて、コクピット感覚のある運転席となった。

前席と後席左右席には、疲れにくい中折れ形状の背もたれパッドが採用されたこともトピックだ。胸部と骨盤を積極的に支えることで、背骨への負担を減らし長時間運転による疲労感の低減に貢献する。

上級モデルには最先端の安全装備を採用

モデルラインナップは、装備・駆動方式の違いによる6種類。上級車種には、2台前を走る車をミリ波レーダーで監視し、減速が必要な状況になったらドライバーに注意を促す「PFCW(前方衝突予測警報)」や、後退時に後方を横切る車を検知する「BCI(後退時衝突防止支援システム)」などの最新装備が与えらえている。

また、自動ブレーキシステムの「エマージェンシーブレーキ」も進化し、時速60km/hでも衝突回避が可能になった。

価格は、2WD車のエントリーモデル「350GT HYBRID」の449万100円から、4WDの最高級グレード「350GT FOUR HYBRID Type SP」の553万7700円までとなる。なお、ハイブリッド専用となった新型に加え、従来モデルも併売される。

ロングノーズ、ショートデッキという従来型のイメージを踏襲しながら、キャラクターラインや面の抑揚によって躍動感が表現されている

ロングノーズ、ショートデッキという従来型のイメージを踏襲しながら、キャラクターラインや面の抑揚によって躍動感が表現されている

ナビモニターと静電式タッチパネルによる操作部の2つのディスプレイによるセンターコンソールが特徴的なコックピット感覚の運転席

ナビモニターと静電式タッチパネルによる2つのディスプレイによるセンターコンソールが特徴的なコックピット感覚の運転席

甲冑の小札(こざね)をイメージしたアルミパネルをはじめ、日本独自の匠の技を取り込んで作り込まれたインテリアデザイン

甲冑の小札(こざね)をイメージしたアルミパネルをはじめ、日本独自の匠の技を取り込んで作り込まれたインテリアデザイン

最高出力364ps(システム計)を発生するハイブリッドユニット。トルク重視のモーターでスポーティさを踏襲しながらJC08モード燃費18.4km/L(FR車)を実現

最高出力364ps(システム計)を発生するハイブリッドユニット。トルク重視のモーターでスポーティさを踏襲しながらJC08モード燃費18.4km/L(FR車)を実現

グレード350GT HYBRID350GT FOUR HYBRID Type SP
駆動方式FR4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4790×1820×14404800×1820×1450
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)17601880
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC+モーター
総排気量(cc)3498
最高出力[kW(ps)rpm]225(306)/6800+50(68)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]350(35.7)/5000+290(29.6)
JC08モード燃費(km/L)18.416.8
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/70
車両本体価格(万円)449.01553.77
■発表日:平成25年11月11日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027