新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X5シリーズ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

BMW X5シリーズ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/11/12)

BMW X5シリーズ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

スポーツアクティビティビークルという新たなセグメントに投入され人気を博したBMW X5が3代目へとフルモデルチェンジした。販売は2013年11月16日からとなる

新世代ディーゼルユニット搭載モデルも投入

卓越したドライビングダイナミクス

BMWが提唱するSAV(スポーツアクティビティビークル)とは、卓越したオフロード走行性能だけでなく、オンロードでの走行性能も際立たせたモデルのこと。

新型では、BMW独自のフルタイム4WDシステム「xDrive」を採用。電子制御システムが前後の駆動トルクを可変配分し、俊敏性と4WDならではの走行安定性を高いレベルで両立した。

サスペンションの設定は、スポーティでありながらも、より快適性が向上している。

力強くダイナミックなエクステリア

エクステリアは、逞しくワイドなフロントデザインやサイドのキャラクターライン、躍動感あふれるボディデザインによって、よりダイナミックなスタイリングとなった。

空力性能にも配慮されている。フロントホイールアーチ後方に設置されたエアブリーザーや、Dピラー後方に配置されたエアブレードなどの空力デバイスにより、クラス最高レベルのCd値0.31を実現した。

インテリアは立体的なデザインが採用されている。空間の広がりを強調するとともに、モダンで美しい室内空間が演出された。さらに、ブルー、ホワイト、オレンジの照明カラーを選択できるアンビエン・ライトによって高級感が表現されている。

また、エントリーグレードの「xDrive35d SE」を除く全車に歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」が標準装備されるなど、安全性能も高められている。

アクティブなxLineとスポーティなM Sportを設定

エンジンは、最高出力258psを発生する3L直6ディーゼルターボと、同306psを発生する3L直6ガソリンターボ、4.4L V8ガソリンターボの3種類が用意され、ミッションは、いずれも8速ATが組み合わされる。

ディーゼルユニットは先代モデルより出力を向上させながら、先代モデル比+25%のJC08モード13.8km/Lを実現。エコカー減税の免税対象となっている。

モデルラインナップはベーシックモデルに加え、ボディ各部にステンレスのフィニッシャーなどを追加し力強さとアクティブさを強調した「xLine」と、BMW M社によるエアロパーツや電子制御式アダプティブMサスペンションなどが装備される「M Sport」が用意される。

価格は、ディーゼルエンジンを搭載するエントリーモデルの「X5 xDrive35d SE」の792万円から、V8エンジンの最上級グレード「X5 xDrive50i M Sport」の1185万円までとなる。

力強さ、ダイナミックさを強めたエクステリアは高い空力性能も備える。アルミや樹脂パーツを採用し、大幅な軽量化にも成功している

力強さ、ダイナミックさを強めたエクステリアは高い空力性能も備える。アルミや樹脂パーツを採用し、大幅な軽量化にも成功している

ダッシュボード最上部に配置された10.2インチ高解像度ワイドコントロールディスプレイは、ナビはもちろん駐車をアシストする「トップビュー」なども表示する

ダッシュボード最上部に配置された10.2インチ高解像度ワイドコントロールディスプレイは、ナビはもちろん駐車をアシストする「トップビュー」なども表示する

xLineでは専用のインテリアパッケージも設定される。写真は、モダンでエレガントな室内空間を表現した「デザイン・ピュア・エクセレンス・インテリア」

xLineでは専用のインテリアパッケージも設定される。写真は、モダンでエレガントな室内空間を表現した「デザイン・ピュア・エクセレンス・インテリア」

ディーゼルユニットは、軽量化されたボディやエンジンオートスタート・ストップ機構により従来型比+25%の燃費向上を実現。免税対象となる

ディーゼルユニットは、軽量化されたボディやエンジンオートスタート・ストップ機構により従来型比+25%の燃費向上を実現。免税対象となる

グレードX5 xDrive35d SEX5 xDrive50i M Sport
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4910×1940×17604910×1985×1760
ホイールベース(mm)2935
車両重量(kg)22002390
乗車定員(人)57
エンジン種類直6DOHC+ターボV8DOHC+ターボ
総排気量(cc)29924394
最高出力[kW(ps)rpm]190(258)/4000330(450)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]560(57.1)/1500-3000650(66.3)/2000-4500
JC08モード燃費(km/L)13.88.6
ガソリン種類/容量(L)軽油/85プレミアム/85
車両本体価格(万円)792.01185.0
■発表日:平成25年10月31日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027