新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【フォトレポート】トヨタ ノア/ヴォクシー コンセプト【東京モーターショー2013】 / navi

クルマニュース

【フォトレポート】トヨタ ノア/ヴォクシー コンセプト【東京モーターショー2013】 / navi

(2013/11/20)

【フォトレポート】ノア コンセプト/ヴォクシー コンセプト|東京モーターショー2013

ノアとヴォクシーの次世代“コンセプト”モデルが東京モーターショー2013で公開された。キーワードは「Spacious FUN BOX」で、「家族の夢を丸ごと載せる広々とした車内空間」を目指して開発されたという。日本では2014年初頭に発売が予定されている

ハイブリッド車も登場

コンセプトは「EMOTIONAL BOX」。新開発の低床フロアで、クラストップレベルの広い室内や優れた乗降性を実現している。写真のノア コンセプト(標準仕様)はミニバンらしい堂々としたフロントマスクが特徴だ

コンセプトは「EMOTIONAL BOX」。新開発の低床フロアで、クラストップレベルの広い室内や優れた乗降性を実現している。写真のノア コンセプト(標準仕様)はミニバンらしい堂々としたフロントマスクが特徴だ

写真はヴォクシー コンセプト(エアロ仕様)。こちらも「EMOTIONAL BOX」コンセプトが採用され、車外からでも室内の広さを感じさせる。また、専用のエアロパーツを装備しており、低重心とボディのワイドさが強調されている

写真はヴォクシー コンセプト(エアロ仕様)。こちらも「EMOTIONAL BOX」コンセプトが採用され、車外からでも室内の広さを感じさせる。また、専用のエアロパーツを装備しており、低重心とボディのワイドさが強調されている

ノア/ヴォクシー 両車ともに、2.0Lのガソリン車に加えて、クラス初となる本格ハイブリットシステムを搭載した1.8Lハイブリッド車をラインアップ。バッテリーの配置を最適化して、広々とした室内空間を維持している

ノア/ヴォクシー 両車種ともに、2.0Lのガソリン車に加えて、クラス初となる本格ハイブリットシステムを搭載した1.8Lハイブリッド車をラインアップ。バッテリーの配置を最適化して、広々とした室内空間を維持している

7人乗り仕様は2列目にクラス初となるロングスライドのキャプテンシート(1人掛けの座席)を採用。シートアレンジの自由度が向上し、使い勝手がさらに良くなった。また、ノア/ヴォクシーともに車いす仕様車も用意される

7人乗り仕様は2列目にクラス初となるロングスライドのキャプテンシート(1人掛けの座席)を採用。シートアレンジの自由度が向上し、使い勝手がさらに良くなった。また、ノア/ヴォクシーともに車いす仕様車も用意される

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027