新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N-WGN【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ N-WGN【新型車】 / navi

(2013/11/20)

ホンダ N-WGN【新型車】|ニューモデル速報

ホンダの新世代軽である「N」シリーズの第4弾となるN-WGN。シリーズの「新たなるベーシック」となるモデルで、本日11月20日から開催される東京モーターショー2013にも出展された

本当に良いものを追求した軽の新たなベーシック

ユーザーが軽に求めるものをすべてを高次元で実現

N-WGNは、ユーザーが軽に求めるものすべてを備えた車を目指し開発された。

ユーザーが求めるものとは、「低燃費」と「安全性能」、「広々とした室内と荷室」、「快適性」、そして「所有の喜びを感じさせる立派さ」。そのすべてをランクアップさせ、本当に“よいもの”を軽自動車の新しいベーシックとすべく、ホンダのノウハウすべてが注ぎ込まれている。

デザインの良さが魅力

エクステリアは「文句なしにかっこいい」、「文句なしに立派だ」と思えるようなデザインが目指された。グリルやヘッドランプを大きくみせることでノーズの厚みを強調したフロントフェイス、水平基調で広さと伸びやかさをイメージしたサイドビューなど、限られたサイズの中で存在感と安心感が表現されている。

また、ノーマルモデルだけでなく、強い押し出し感と上質さを両立させたカスタムもラインナップされる。LEDのアクセサリーライトやリアコンビランプなどによる個性的なライティングが、夜間でも強い存在感と上品さをアピールする。

インテリアは、ファーストクラスのような快適さを目標に開発された。インパネのアッパー部分はブラック、インテリア全体としては明るいベージュにカラーリングすることで、開放的でクリーンな雰囲気が演出されている。

カスタムのインテリアは、ブラックとバーガンディ(ワインレッド)の2トーンカラー。シートには、本革の質感と本革以上の手入れのしやすさを兼ね備えるプライムスムース&ジャージのコンビネーションが採用された。

リファインされた660ccのNAとターボを用意

エンジンは、ほぼ全面刷新といえるレベルまで改良された660ccのNAとターボ。いずれのユニットも、1気筒あたり2つのインジェクターを装着し燃費性能が高められた「ツインインジェクションシステム」や、ノッキングの発生を抑制する「ナトリウム封入バルブ」などが採用され、低燃費なだけでなく力強さや運転のしやすさも追求されている。

さらに、フリクションの低減や、軽量化されたCVT、進化したアイドリングストップなどによって、FFモデルのJC08モード燃費はNAエンジンで29.2km/L、ターボエンジンで26.0km/Lを実現している。

価格は、ノーマルの2WDのベーシックモデル「G」の113万1000円から、カスタムの4WDで最上級グレードにあたる「G・ターボパッケージ」の163万円までとなる。

大きい車を凝縮させて見せる方法ではなく、小さい車を立派に見せるホンダのデザインテクノロジーがふんだんに盛り込まれたエクステリア

大きい車を凝縮させて見せる方法ではなく、小さい車を立派に見せるホンダのデザインテクノロジーがふんだんに盛り込まれたエクステリア

真円のメーターを中心に、インフォメーションディスプレイやエコインジケーターを配置。見やすく質感の高いインターフェイスを実現している

真円のメーターを中心に、インフォメーションディスプレイやエコインジケーターを配置。見やすく質感の高いインターフェイスを実現している

四隅を強調した疲れにくいシートと立派なドアアームレストなどが採用され、どの席に座ってもファーストクラスのような快適さが追求された

四隅を強調した疲れにくいシートと立派なドアアームレストなどが採用され、どの席に座ってもファーストクラスのような快適さが追求された

「アバンギャルドエモーション」がデザインテーマのカスタム。テールゲートスポイラーをはじめ、様々な専用装備が与えれている

「アバンギャルドエモーション」がデザインテーマのカスタム。テールゲートスポイラーをはじめ、様々な専用装備が与えれている

グレードGG・Aパッケージカスタム G・ターボパッケージ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16553395×1475×1675
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)820870910
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/4700104(10.6)/2600
JC08モード燃費(km/L)29.226.024.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)113.1125.0163.0
■発表日:平成25年11月20日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027