新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 2008【新型車】 / navi

クルマニュース

プジョー 2008【新型車】 / navi

(2013/12/02)

プジョー 2008

プジョー208をベースにSUVのデザインを取り入れた新たなコンパクト アーバンクロスオーバーが、プジョー2008だ

208をベースに開発されたクロスオーバーモデル

機能性と走行性能を両立した

2008は、2012年11月に発売されたコンパクトハッチバックの208をベースに開発。走行性能、快適性能、利便性、安全性を高いレベルで調和させたアーバン(都会的な)クロスオーバーSUVだ。

4桁の車名が示すとおり、207SWを超えた新たなカテゴリーであり、野心的なデザインが特徴だ。サイズは208比で全長は+200mmの4160mm、全高は+80mmの1550mmと一回り大きくなっている。

コンパクトSUVとして独自のデザインが施された

エクステリアでは、Bピラー辺りからキックアップする2008独自のルーフ形状が特徴。都会的なフロントおよびリアのデザインが採用され、力強いボディラインも与えられている。

インテリアでは208同様、新鮮なドライビング感覚をもたらす小径ステアリングとヘッドアップされたメーターパネルが組み合わされている。独特なのは、航空機の操縦レバーをモチーフとしたパーキングブレーキレバーが装備されたことだ。

SUVらしくラゲージスペースの利便性も考慮されている。リアシートをワンタッチで折りたたむと座面が沈み、フラットな大スペースが現れる。フロアレールが設置され荷物の出し入れも楽になった。

新トランスミッション「ETG5」を採用

駆動方式はFFのみ。4WDは用意されない。エンジンは、208のベーシックモデルであるアリュールと同じ最高出力82ps/最大トルク118N・mを発生する1.2L直3DOHCだ。

トランスミッションには、PSAグループが新たに開発した5速ETG(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)を採用。オートマチックモードに加え、パドルシフトによるマニュアル操作も可能だ。このミッションには、クリープや坂道発進に対応するヒルストップ機構や、アイドリングストップのストップ&スタート機構も装備される。

バリエーションは装備の違いによる2モデル。ベーシックグレードのプレミアムには、ルーフライニングに特徴的なアンビエンスランプ「LEDトラック」が採用される。上級のシエロでは、電動サンシェード付パノラミックガラスルーフなどが装備される。

価格はプレミアムが246万円、シエロは270万円。なお、発売は2014年2月15日から。

コンパクトハッチバックの208をベースに開発されたアーバンクロスオーバー。全高1550mmで、立体駐車場にも駐車可能なサイズだ

コンパクトハッチバックの208をベースに開発されたアーバンクロスオーバー。全高1550mmで、立体駐車場にも駐車可能なサイズだ

ワンタッチで折りたためるシートや、ラゲージに備えられたフロアレールなど、荷室の使い勝手はかなり良好だ

ワンタッチで折りたためるシートや、ラゲージに備えられたフロアレールなど、荷室の使い勝手はかなり良好だ

プレミアムのルーフには、特徴的なアンビエンスランプ「LEDトラック」が採用されている。上級のシエロにはグラスルーフが備えられた

プレミアムのルーフには、特徴的なアンビエンスランプ「LEDトラック」が採用されている。上級のシエロにはグラスルーフが備えられた

「eVTi」の「e」が高効率を、「VTi」は可変バルブタイミング、電子制御式燃料噴射システムを搭載したエンジンを意味する

「eVTi」の「e」が高効率を、「VTi」は可変バルブタイミング、電子制御式燃料噴射システムを搭載したエンジンを意味する

グレードプレミアムシエロ
駆動方式FF
トランスミッション5AT
全長×全幅×全高(mm)4160×1740×1550
ホイールベース(mm)2540
車両重量(kg)11401160
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1199
最高出力[kW(ps)rpm]60(82)/5750
最大トルク[N・m/rpm]118/4000
JC08モード燃費(km/L)18.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/50
車両本体価格(万円)246.0270.0
■発表日:平成25年11月20日 ■取り扱い:プジョー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027